Today's Kaiser
ビーグル犬の男の子、Kaiser(カイザー)の成長ブログ。ハイキングで爆走!お家でまったり!いろんな写真たっぷりでお伝えします!チェリーアイ&去勢手術やマイクロチップの体験記なども載せています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
Vitamin Y
  • Vitamin Y
  • 初めてのわんこ暮らし。持ち前の楽天思考で、日々のほほぉ~んと育児に励んでおります。
    カナダでの新生活はToday's Kaiser in Canada
  • で、綴ります!ヨロシクね!


    ランキング参加中♪ 
    クリックしてね♪
      

      にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

      

    2006年5月20日付けcool dog site of the day受賞!
    そしてなんと、5月の月間ベストサイトに選んでいただきましたっ!応援ありがとうございますっ!
      mail.png

    特派員レポ書いてますっ!
      Dokka!関西おでかけ探検隊

    ★ Kaiser ★
    このブログの主人公。
    2005年11月16日生まれのビーグル犬の男の子。

    ★ reisender ★
    良き相方で、わんこ暦3頭目の先輩。

    ★ George ★
    我が家の謎の住人(人か?)。
    登場の機を狙ってる。

    ★ お役立ちサイト ★
      

      

      


  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
チェリーアイから約3年
ブログの右上にカウンターが設けられているんですが、その機能を使って、どう言う経緯でこのブログに皆さんが辿り着いたのかってのがわかるんですよねっ。
以前は毎日のようにチェックして、傾向を分析・・・って程のたいしたことはしてませんでしたが、ほぉ~っと納得。
最近はほとんど見ていないのですが、以前から『チェリーアイ』というサーチワードで訪れてくれる方が結構いらっしゃるようです。
約3年前、6ヵ月だったKasierに突然起きた左目の異変と、まだまだ余裕なんて全くない、わんこ暮らし初心者飼い主の私達の記録を綴った記録。
手術前に不安でおろおろしたり、術後もなかなか腫れがひかず、痛々しい姿で、本当に治るんだろうかと心配になったり。
そんな中で気丈さを保つ為に書いた記事。
今でも時より読んでくださる方がいると言うことは、なんだか書いて良かったなという気持ちになります。

あれから再発することもなく、反対の目に同じ症状が起こることもなく、至って健康に過ごしております。
ただ、たまに気になることがひとつ。
寝ている時、半目なことが多いKaiser。
手術をした部分が見えていることがあるのですが・・・

6DSCF6954r.jpg

赤い部分、分かりますか?

拡大すると・・・



・・・ちょっとグロテスクなので、ゆっくりスクロールしてくださいませ・・・



6DSCF6954r2.jpg

涙の袋を覆っている皮の部分。
きっとそこを縫合したんだと想像するのですが、その一部が離れていると言うか、パクッと割れていると言うか。
術後もこんな感じで、今もそのままです。
そんなこと忘れて、『かわいいなぁ~っ。』と、下まぶたの辺りも含め、顔を毎日の様に両手で触られまくり、こねまわされておりますが、その拍子に飛び出たってこともありません。
よほどのすごい力が加えられない限り、もっと大きく裂けるということはなさそうなので、日常生活に支障は全くないのですがね。
獣医さん的にも心配することはないとのことなので、安心して過ごしています。

手術をしたせいなのか、それとも、手術そのものよりも、私達と半日間離れ離れになり、病院と言う慣れない場所に置き去りにさせられたせいなのか、相変わらず病院は苦手。
診察台の上ではコマンドが何一つ聞けずに、いつも飛び降りようと・・・いや、抑えておかないと飛び降りるんです!・・・暴れまくってしまうのが難点ですが、まぁそこは支えていかなきゃね。

こちらは昨日のお散歩で、市内の公園に行った時のKaiser。

6DSCF6858r.jpg

チェリーアイならず、チェリーブロッサムの元で・・・八重桜ですねっ。

毎日良く食べ、良く遊び、元気一杯で暮らしております。
いやこれは、チェリーアイの時も同じだったけどねっ。

6DSCF6881r.jpg

ほら、すっかり綺麗なおめめ。
その瞳で毎日見つめられ、幸せをかみ締めながら暮らしている私たちなのでありました。

チェリーアイというキーワードで訪れてくださった、同じ悩みに心を落としている皆様。
悲しくて、やりきれない気持ち、とても良く分かります。
わんこに隠れて、たっぷり涙を流してください。
そして、その後は、いつも通りに接してあげてください。
それが一番、難しかったりするんですけどね。
でも、大好きなお父さんやお母さんが悲しんでいる姿を見ることが、きっとわんこにとっても一番悲しいことだと思うから。

私の書いた記事が、少しでもお力になっているのなら、とても嬉しく思います。
皆様のわんちゃんも、早く良くなります様に。

元気が一番!でも元気のない時も、一緒に歩んで行きたいですねっ!
blogranking-banner022.jpg  
曇りの日も雨の日も、そして晴れの日も。毎日大切なわんこと過ごせる喜びに、ばんざ~いっ!
【2009/04/19 22:32】 チェリーアイ & 去勢 | TRACKBACK(0) | COMMENT(12)
このページの先頭へ
<<我が家のコマンド 《11》 ボキャブラリー | BLOG TOP | しっぽの寝言?>>
この記事に対するコメント
私も読ませていただいたことがあります。
私の、知らない病気でした。
カイザーくんがんばってましたよね!

今日のカイザーくん、お手手使って何食べてるんですか!?
すごい角度からの撮影ですよね!?
【2009/04/20 00:56】 URL | アイリーママ #- [ 編集 ]
チェリーアイ。
実はウチのチャーリーも未だに持ってます。
未だに???とお思いですか?
チャーリーも(ハッキリと覚えてませんが)、Kaiserクンと同じパピーの頃に発症しております。
確かに獣医さんには「手術をしないと治りません」的なことを言われたような・・・記憶があるのですが、うちは何故かあの飛び出たぷっくりさんを元通りに戻す技術を独自でマスターしてしまい、それ以降は出てくる度にその技術を使って元通りにしてあげています。
なので、手術tはしておらず「未だに持っている」ということなのです。
年々ぷっくりさんが飛び出る頻度も少なくなっており、素人ながらこれで良かったのだと自負しております。
最近はいつその技術を使ったか覚えてないくらいです(笑)

ビーちゃんは特にこの病気?が多いみたいですよね。
私は初めて見た時、びっくりというより「何か引っ掻いたのかなぁ?そのうち治るかしらん?」とのほほーんとしておりましたですよ(笑)
チェリーアイという遺伝的な病気の一つだと知った時には、びっくりしました。
まぁ、でもあれは見てるとこちらの目までしょぼしょぼしてくるくらい、なんだか痛々しいですものね。

そういうわけで、うちは今年7月で7歳。シニアの域に突入です。
しかしまだまだ元気ないたずら坊主ですよ!

いつかKaiser君とご対面させてみたいとたくらんでおります!
【2009/04/20 01:14】 URL | char-mama #- [ 編集 ]
チャトは・・
まだチェリーアイにはなっていませんが、やはり、病気の記事は気になります。どうやって対処すればよいかわからないですから、一番参考になりますよね。
まったく鵜呑みにするのは良くないかもしれませんけど、やはり、参考にさせていただけるのはありがたいことです。
チャトの場合・・・・参考してもらえるようなものにかかってないというのが、ある意味自慢ですね・・・
【2009/04/20 19:42】 URL | 旦那Hです #- [ 編集 ]
★アイリーママさん★
私も詳しくは知らない症状だったので、ネットでいろいろ検索しました。
忘れない為にも、写真は撮り続けようと、記事をアップしてたのを覚えています。
Kaiserは木につながれて、枝?もしくは根っこ部分を食べてます。
週末に行った公園、天気が良かったので私たちは敷物の上に寝転がり、低い視線から撮りました。

★char-mamaさん★
チャーリーくんのは元に戻せるんですねっ!
組織が弱くて、中に納めておく力が緩いって解釈なので、そうやって自力で戻るんだったら、その方が良いに越したことはなさそうですね。
頻度も少なくなっているってことは、段々ホールド力がアップしているってことかな?
私も、人間のできものと同じで、時間が経てば治ると思ってました。
でもあまりにも痛々しかったので、病院に連れて行きました。
いくつになってもイタズラ坊主、憧れでぇ~す。
やんちゃな姿、見ていて飽きませんものねっ!

★Hさん★
専門的なページはもちろんですが、やっぱり同じ様な境遇の中、ごくごくフツーの人がどうやって乗り越えたかってのは、共感することが出来て、ならば自分もっと勇気がわいてくるなっと。
あくまでイチ、体験談なので、それが全てと信じ込むのも危険ですが、ネットのおかげで色々情報が集められるので、有効利用したいなと。
元気なチャト先生、これからも悪運や悪病を寄せつけない様に、強くたくましく前進してくださいねっ!
【2009/04/20 20:22】 URL | Vitamin Y #ur6nohjs [ 編集 ]
遅ればせながら、記事読ませて頂きました!
色々勉強になりました。
今回、琥太郎はなんとかひどくならなかったですが、今後はわからないですもんね。
今後も、Kaiserくんの事、参考にさせて下さい♪
【2009/04/22 16:46】 URL | miccii #- [ 編集 ]
★micciiさん★
つい最近、チェリーアイという検索で辿りついてくださった方がコメントを残してくれたのと、たまたま寝ているKaiserの目の部分が分かりやすく見えてたので記事にして見ました。
その後こたちゃんの記事を読んでびっくり!
まだ幼いから、発育途中の目の組織、しっかり育ってくれると良いですね。
記事を参考にしなくても良いよう、祈ってます。
【2009/04/22 18:47】 URL | Vitamin Y #ur6nohjs [ 編集 ]
もうすぐ4ヶ月のビーグル、女の子のベベが本日、チェリーアイと診断され、検索でこちらにたどり着きました。今日からまずは1週間の点眼、経過を見て手術です。全身麻酔はほんとうに心配です。  当時のページを見させていただき、ベベちゃんとそっくりの症状に涙が止まらなくて心配でいっぱいでした。が、数分後にこちらのページをみつけて少し落ち着いた私です。まだ今後の治療法も定まりませんが、不安になったらまたのぞかせてくださいね。ビーグル初心者です、またよろしくお願いします。
【2009/09/01 20:58】 URL | coconako #- [ 編集 ]
★cocomakoさん★
いらっしゃいませ。コメントありがとうございます。
私も犬暮らし初めてで、まだ試行錯誤しながらパピー育てをしている時に、Kaiserがチェリーアイになりました。
痛々しい姿と、それに反して全く普通に元気な様子が、何だかせつなくて、涙したのを覚えています。
症状の軽い子だと、獣医さんで何度か元の位置に戻して頂くことに寄って、治る場合もあるみたいですね。
そんなことは知らずに、当時は勧められるまま即手術をしましたが、露出している部分も大きかったし、良かったのだと思います。
全身麻酔は心配ですよね。
ちゃんと頑張れるよう、パピーだし沢山食べさせて、手術に打ち勝てる様、元気な体作りに励んだのを覚えています・・・フード拒否して大変でしたが。
べべちゃんもたっぷり食べて、元気いっぱいでチェリーアイに挑んでください。
早く良くなること、陰ながら応援しています。
また、遊びに来てくださいね。
【2009/09/02 10:06】 URL | Vitamin Y #ur6nohjs [ 編集 ]
またまた覗きに来ました、ベベの手術を明日に決めました。
4ヶ月半ですが避妊と後ろ足に一本余分にある指も怪我になりやすいので切りましょう、と先生が…。一度に3箇所も!!不安いっぱいですがカイザーくんの術後の経過のページもみて予習もバッチリです。この数日、お散歩も増やして体力をつけてきました。がんばってきます!
【2009/09/15 00:30】 URL | coconako #- [ 編集 ]
★coconakoさん★
べべちゃん、手術をすることになったんですね。
全身麻酔をかける回数、なるべく少なくしたいですもんね。
一本余分にある指、Kaiserは生まれた時にブリーダーさんのところで処理してもらったようです。
大きくなってから、他の手術で麻酔をかける時に一緒に除去と言うのも一般的みたいですよ。
術後の様子、また教えてくださいねっ!
べべちゃん、coconakoさん、頑張ってください!
応援しています!
【2009/09/15 05:22】 URL | Vitamin Y #ur6nohjs [ 編集 ]
ベベ、手術翌日に無事退院しました。散歩も何もかもいつもどおりにして、という指示でしたがそのとおり元気いっぱいです。カラーもつけずに平気な顔。カラーがあったらカイザーくんみたいにデコろうと思ってたのですが。病院は3件受診して決めた評判の先生でしたが無事戻るまでは長く感じられました。 今はこの世の幸せ、という気分の私です。…カイザーくんのページはチェリーアイで調べる限り最高にわかりやすく、リアリティがあって助かりました。ありがとうございました! やっと余裕が出てカイザーくんの来た頃のかわいい写真をたくさん拝見しました。かわいくてかっこいいです。私もミニチュアピンシャーも一瞬、くらっときたんですよ~。でもでもやはりビーグルですよね!これからカイザーくんの成長記録を完読めざしてちょくちょくお邪魔します!何日かかるかな(笑)
【2009/09/17 16:45】 URL | coconako #- [ 編集 ]
★coconakoさん★
べべちゃん、無事手術成功、おめでとうございま~す!
私も他人事に思えず、とても嬉しいです。
不思議なもので、本犬元気ですよねぇ~。
それがまた、人間側の励みにもなったりして。
まだまだ成長期のべべちゃん、エネルギーもたっぷりなので回復力十分だと思います。
涼しくなって心地の良いこの季節、お散歩を満喫してくださいね!
チェリーアイの記事、お役に立てた様で嬉しく思ってます。
ミニピンちゃんも可愛いですよねっ。
でも、やっぱり足腰のどっしりがっしりしたビーグルで良かったなぁ~と思います。
いつも本気で遊んじゃうので、細い足の子だと怖くって。
何気にスタートしたブログですが、もう三年以上経ってしまいました。
過去の記事、ゆっくり目を通してくださいませ!
【2009/09/17 17:46】 URL | Vitamin Y #ur6nohjs [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://vitaminy.blog44.fc2.com/tb.php/923-24c1e828


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。