Today's Kaiser
ビーグル犬の男の子、Kaiser(カイザー)の成長ブログ。ハイキングで爆走!お家でまったり!いろんな写真たっぷりでお伝えします!チェリーアイ&去勢手術やマイクロチップの体験記なども載せています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
Vitamin Y
  • Vitamin Y
  • 初めてのわんこ暮らし。持ち前の楽天思考で、日々のほほぉ~んと育児に励んでおります。
    カナダでの新生活はToday's Kaiser in Canada
  • で、綴ります!ヨロシクね!


    ランキング参加中♪ 
    クリックしてね♪
      

      にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

      

    2006年5月20日付けcool dog site of the day受賞!
    そしてなんと、5月の月間ベストサイトに選んでいただきましたっ!応援ありがとうございますっ!
      mail.png

    特派員レポ書いてますっ!
      Dokka!関西おでかけ探検隊

    ★ Kaiser ★
    このブログの主人公。
    2005年11月16日生まれのビーグル犬の男の子。

    ★ reisender ★
    良き相方で、わんこ暦3頭目の先輩。

    ★ George ★
    我が家の謎の住人(人か?)。
    登場の機を狙ってる。

    ★ お役立ちサイト ★
      

      

      


  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
時々思うこと
相方とふとしたことから犬の年齢の話になって、週末でお酒が入っているせいもあるけれど、感情が露わになっちゃって、涙が出て来た。
つい最近、相方の生徒さんのお家の13歳のわんちゃんが生涯の幕を閉じ、その話が頭にあったせいもある。

相方にも話したことはなかったけれど、Kaiちゃんの誕生日の時に前々から思っていたことについて語っていたら、泣けて来た。
Kaiちゃんの誕生日、成長が嬉しいのはもちろんだけれど、心のほんの一部分で、いつも寂しさを感じていた。
それは1歳の誕生日を迎えた時から。
まだ若いKaiちゃんを目の前に、そんなこと思うのはとても不謹慎で、なんだかとっても悲観論者っぽいけれど、感じてしまったものは仕方ない。

犬の一生は人間より短い。
そのことを承知の上で、全て受け入れる覚悟で一緒の生活を始めたはず。
だけどやっぱり、失う覚悟なんて出来ているわけがない。
いつまでも一緒にいたいだなんて、単なる我がままなのかな?
でもね、分かっててもやっぱり、そんなに強くなれるわけがないんじゃないかな?

人間と比べると、短い生涯ではあるものの、その全てを大好きな人と一緒に過ごせたなら、その犬は幸せである。
そう言う考えをどこかで聞いた時、心が楽になった。
その通りだなと思った。だからなるべく多くの楽しい時間を作ってあげたいと思った。
と同時に、この子が最後の時を迎える時、ちゃんと一緒にいてあげれるのかなっなんて不安になった。
もちろん一緒にいてあげるつもり。
でも仕事とかしてたらどうしよう。犬が病気だからしばらく休みますって世間一般で通じないよな。
・・・だなんて、今から考えても仕方がないのは分かっていながら、考えずにいられない時がたまにある。
仕事を辞めて一緒にいれる様に、ちゃんと蓄えとかなきゃっなんて思ったり。
すごく細かくて、論点が多少ずれているとは思うけど、でも考えちゃっうのです。

今までひとりで、夕暮れ時の帰り道なんかでたまに考えていたんだけれど、改めて声にして相方に伝えたら、熱いものがこみ上げて来た。
大丈夫だと言ってくれた相方、気持ちは十分に理解してくれた様。
心なしか彼の瞳も潤んでいるように見えた。気のせいかな?

光が光としての価値を保ち続ける為には、影の存在がなくてはならない。
結論も答えも出ないことがら。と言うか、結論も答えも、求めていないのかな?
たまにこうやって考えることによって、今与えられた時間の重みが感じられて、大切に生きて行こうと思える。
だからきっとまたこれからも、堂々巡りであるとは知りながら、同じ様なことを考えてしまうと思います。
今日流した涙も、決して無駄ではないと信じているから。

ただ今、深夜3時過ぎ。
相方はカウチで、Kaiserも居間のクッションでお休み中。
まだお酒の抜けていない私・・・と言ってもグラスで2杯ワインを飲んだ程度。
最近あんまりお酒を飲まない・・・プラス元々それ程強くはない・・・ってのもあって、普通よりちょっぴり感情的なまま記事を書いています。
実はたまに、こう言ったことを記事にしたいなと思ってたのだけど、ためらいがあって書かずにいました。
お酒の力を借りるのってあまり好きではないけれど、でも良いチャンスだと思って載せてみました。
朝起きたら後悔しちゃうのかな、私?
いや、たぶん、載せなかったらせっかくのチャンスを逃したと、逆に悔やまれるだろうから、書いて良かったんだと思います。
今回の記事を読んで、考えなくても良いことを考えてしまった・・・と気分を悪くされた方がいらしたら、ごめんなさい。
わんこと一緒の生活、これからももっと充実したものとなる様、共に楽しんで行きましょうね。

6DSCF5625r.jpg

写真は今日・・・と言うか日付が変わっちゃってるので昨日・・・の河川敷でのKaiser。
タンポポ食しております。

Kaiちゃん、大好きだよ。
これからもずっとずっと、よろしくね。

blogranking-banner022.jpg  
【2009/03/21 03:45】 成長 | TRACKBACK(0) | COMMENT(11)
このページの先頭へ
<<もう何度目の不発ラン? | BLOG TOP | 河川敷は寒かった>>
この記事に対するコメント
考えますよ~。
うちはわたしだけでは絶対にワンコのお世話はできないので、ばぁばが今61歳で、小梅が仮に15年生きたとしてあと13年(こういう仮定はイヤですが)、ばぁばは74歳!わたしは51歳!
小梅がいなくなったら・・・っては考えたくないけど、小梅がいなくなってから次のワンコを飼うことは絶対に無理。(わたしは再婚しない限りフルタイムの今の仕事でしょうし。)
となると、わたしが飼うワンコって 小梅が最後!

もちろん「死んだら次の犬を飼えばいい」なんて軽々しく考えているわけでは無いですが でもやっぱり小梅がいなくなる = ペットはもう飼わないという風になるだろうから・・・。

天寿を全うしてくれたら 気持ちの整理も少しは(あくまでも少しは)つきやすいかもしれないけど
うちはおてんばさんで脱走することもあるので もしも車にはねられたりして 一瞬で命が消えちゃったら・・・と思うと 本当に怖いです。

どんなに年老いて、病気や老衰で ある程度の覚悟が出来ていたとしても ペットが亡くなるというのは想像以上につらいこと。
考えたくなくても考えてしまいますよね。

わたしも「ペットが病気で」という理由で仕事は休めません。退職も無理です。うちにはばぁばがいますから一人ぼっちでということは無いでしょうが 今までに飼っていたワンコで ばぁばとわたしが在宅だったにもかかわらず 一人ぼっちで逝かせてしまった子、 そしてばぁばの目の前で車に跳ねられ亡くなった子 などいろいろです。
長生きして欲しいけど 小梅にそのときが来たら 今度は絶対に腕の中で逝かせてやりたいと思っています。
うぅ。。。泣けてきた~。

力が入りすぎたので 自分のブログにもUPします(汗)。


【2009/03/21 08:06】 URL | さくら #EXr3TcQ6 [ 編集 ]
全て委ねて
可愛い我が家の愛犬が、天に召されることいつも考えているわけではないけれど、Luckyも今年8歳という年になると自然と「いつまで一緒にいられるのだろう」と頭の中をよぎる事たまにあります。Luckyの前に飼っていた犬は畑にまかれていた、毒を食べてしまって苦しんで苦しんで死にました。本当にかわいそうだった。ペットは何も言ってくれないけれど、目が全てを語るときってありますよね。
「一緒に暮らせて、愛してくれてありがとう。」と言っているようでした。(私の主観ですが)愛するものを失う時、目の前からいなくなる時を想像することは、本当に不安で寂しくてやりきれない思いだけれど、それだからこそ今を愛情いっぱそそぐつもり。だから命のことは、自然に自然に全てを神に委ねていこうと決めています。
大丈夫だと。

【2009/03/21 09:29】 URL | chun #- [ 編集 ]
誰だって・・・
考えて、答えが出ないんだと思います。答えが出ないから、”今が大事”なんだとおもって生活して行くんだと思います。
私は、こう思うのです。確かに犬の一生は、人間の一生より短い。だから、彼らの生きている時間がみじかいのだったら、人間よりも濃密な生活をさせてあげるのが良いのではないかと・・・でも、なにが濃密なのかが、
わかってないんですけどね・・・ぶらっと遠くに旅に出ちゃうのもそういう思いがあるからかもしれないですね。kaiちゃんとの出会いもチャトにはきっと濃密な生活のひとつにできたらなぁ。と思います。

チャトが病気になったら・・・会社で仕事が手に付かないくらいだったら、
通らない理由を無理矢理通してでも、休んじゃいます。でも、この辺の話って、皆さんの生活環境によって随分ちがうから、一概には言えませんよね・・・

とにかく、チャトが病気になって、半身不随になってしまったり、歩けなくなっても、私はチャトが生きているのであれば、彼を背負って散歩に連れて行き、いつものように暮らせればよいなぁと思います。犬は自分から命を絶つということは決してしないと思っています。その意思を大事にしてあげたいと思っています。

私はVitamin Yさんより随分年寄りだから、こんな悟ったような物言いになってしまいますが、同じように日々Nと悩んだり、困ったりしています。やっぱり、そうやって、こまったり、なやんだり、楽しんだりが多ければ多いほど、わんこたちには、濃密な時間を飼い主と共有できるのかなぁ・・・。
【2009/03/21 10:51】 URL | 旦那Hです #- [ 編集 ]
結論も答えも出ないことがら・・
そのことを考えてもらっているカイザーくんは幸せだと思うよ。

今与えられた時間の重みが感じられて、大切に生きて行こうと思える。
↑すばらしいね。
なかなか気づかないことだと思うよ。
俺は、ぺロが病気で・・だったでしょ?
子供だったってこともあるけど、
当時はそういう風には思わなかったもんね。
いろんな後悔があった・・
だから、マルボイと子供たちにはそういう思いをさせたくないし、
俺もそう思いたくないんだ。
そうなっていくと、= 今を楽もう♪
になっちゃうんだよな~。
いつも今を大切に、そして楽しんでいるVitamin Yさん。
ときには不安になっちゃうときもあるでしょう。
そんときはまた記事にしてね。
応援しています!
【2009/03/21 19:40】 URL | nomikoa #- [ 編集 ]
さっきハルの前で洗濯物たたんでたんだけど、ホワイト計画の進んだハルの顔を見てたら、仕事にも行き始めたからかもしれないんだけど「最後の時、一緒にいられるのかなぁ~?」って考えてたんです。
ハルと家族になって、ミニルも家族になって、その思いはどんどん大きくなってます。
でも、押しつぶされそうになっちゃうので、考えないようにしています。
私も♪今を楽しもう♪精神です。
すっごいタイミングで、この記事を読みました(驚)


【2009/03/22 00:07】 URL | オレンジ #- [ 編集 ]
☆☆☆コメントを下さった皆様へ☆☆☆
悩んで、悲しくなって、何とかそんな気持ちから抜け出して、そして楽しく生きて行こうとする。
何度もリピートしちゃうかもしれないけれど、誰もがそうやって成長していくんですね。
楽しいはずの週末、仮定だけなのに暗い気持ちになってしまった私にお付き合い頂き、皆様の思いを聞かせてくれてありがとうございました。
【2009/03/22 03:49】 URL | Vitamin Y #ur6nohjs [ 編集 ]
★さくらさん★
年齢を仮定しちゃうの、分かります。
嫌だけど、ふと思い浮かんでしまって、そこから取りとめもなく悲しい気分になってしまって。
健康でなるべく長生きして、天寿を全うしてくれたら、幸せなこと。
人間にも犬にも言えることだけれど、急な病気や事故で早くお別れを告げなければならないのは、やるせない気分になりますよね。
つらい出来事を思い出させてしまって、ごめんなさい。
でも皆きっと、愛情いっぱいの家族に包まれて、楽しい日々を過ごしていたに違いないと思っています。
仮の話ばかり広げても、仕方がないことは分かっているけれど、でも考えてしまいますよね。
腕の中で・・・なんて今から考えるのは本当に場違いで行き過ぎな気もしますが、でもそうやって最後のひと時を過ごしたいなんて思いますよね。
私にとってはKaiserが初めて一緒に暮らす犬なわけですが、それまで思ってもいなかったほど、人間と犬の関係って深いものなんだと感じています。
コメント、ありがとうございました。

★chunさん★
苦しんで亡くなった先代のわんちゃんのこと、思い出させてしまってごめんなさい。
言葉なんて要らないほど、しっかり気持ちを伝えてくれる、優しい目をしていたんでしょうね。
いくら考えてもきっと満足いく答えなんか出てこなくて、だから全て自然に委ねて、悩んでいる時間があるのなら、今、この時に愛情をいっぱいそそいであげればいいんですよね。
こちらが暗い気持ちになっちゃうと、犬と言うのはにその感情を察してくれて、心配してくれたり、気遣ってくれたり。
あまり心配をかけてもいけないから、大切に思っているのなら、難しく考え過ぎないでたっぷり愛してあげれば、ただそれでいいんですよね。
大丈夫だと言う言葉、とても力強く感じました。ありがとうございました。
【2009/03/22 03:51】 URL | Vitamin Y #ur6nohjs [ 編集 ]
★Hさん★
生きて行く上で、いろんな問いかけをして、答えを求めようとして、でも中々簡単に納得のいく答えってのは得られないものですね。
でもそうやって、困ったり悩んだりってことがあるからこそ、いかに濃密な生活を過ごさせてあげれるかってのを考える良いチャンスにもなってるんですよね。
いっぱい元気に遊んで、美味しいものを食べて、嬉しい、楽しいとシッポを振っている姿を見ると、そんな時間を1分でも1秒でも増やしてあげたいと思います。
チャト先生と出会えたこと、Kaiserにとっても濃密な時間になりましたよ。
うん、絶対に私も、病気などになったら仕事なんて手につかないと思います。
そんな日が来たとしたら、ずっと一緒にいてお留守番のない日々にしてあげたいと言うのが第一の希望・・・なんて早すぎると分かってて今から考えちゃったりします。
力強い生命、これからもずっと見守っててあげましょうね。
コメント、ありがとうございました。

★nomikoaさん★
マルボイくんと一緒に大きくなって行くお子さん達、いつも楽しそうな様子が伝わってきます。
ぺロちゃんこことを記事で読んだ時、心が熱くなりました。
強くてたくましくて健気で、彼女がいたからこそ、今のマルボイファミリーがあるのですね。
色々考える機会を与えてくれて、自分自身が少しずつ成長しているのであれば、それはKaiserのおかげかなっなんて思います。
沢山の楽しい『今』を重ねて時を過ごしていれば、将来そんな日々を振り返った時、キラキラして見えるのかな。
日ごろは楽観的な私なのですが、両極端と言うか・・・たまにこうやってネガティブな思考に陥ります。
まだ来ぬ未来に不安を抱いてしまう・・・そんな時間はなるべく短く持ちたいものですね。
コメント、ありがとうございました。

★オレンジさん★
うんうん、顔の白いもの、せつない気持ちになっちゃいますね。
だからって可愛さは全く変わらないんだけれど、まだ早過ぎる心配だとはわかっているけど、でもやっぱり老いた時のことなどが頭をよぎったり。
押しつぶされそうになっちゃうから、考えないようにするってのも同感です。
『そんなん考えてるひまあったら、一緒に遊んだ方がえぇわっ。』と、結局はそれが毎回私の結論らしきものだったり。
それで良いんですよね。
オレンジさんと私、今回タイミングが一緒でびっくり。
何だか心強くも感じちゃいました。
今を楽しもうの精神、持ち続けて明るい日々を過ごしたいと思っています。
コメント、ありがとうございました。
【2009/03/22 03:51】 URL | Vitamin Y #ur6nohjs [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/03/23 09:07】 | # [ 編集 ]
遅ればせながら・・・
きっと、誰もがなんとなーく頭の隅で考えてる事ですよね。

kabuは退色が早くてどんどんグレーになってきてるんで余計に
「いつかその時」を考えてしまう回数が増えたかも・・。

夜寝ていてグラっと来た時なんか凄く心配になったりします。
kabuは2階、かーちゃんは3階で寝てるんですぐに様子をみてやれないし
突然具合悪くなっても朝まで気づいてやれないかも・・・とか考えちゃいます。

「その時」は命ある者には避けては通れない事・・。
どんなに精一杯しても、もっとこうしてあげれば良かったと言う思いは
残るんでしょうねぇ。

kaiちゃんが望んでる事は・・Yさんと相方さんが毎日笑顔で
暮して行く事なんじゃないのかなあ。
きっと、それが1番嬉しいんじゃないですか?1番難しい事でもあるけどね。
【2009/03/23 14:55】 URL | kabuまま #9G4HATYE [ 編集 ]
★kabuママさん★
Kaiserも目元や口元に白い毛の率が増えて来て、まだ3歳なのにぃ~と思っちゃう時があります。
それでも可愛いに違いないんですけどね。
留守番させている時に、地震があったり、万が一火事などでもあったら・・・なんて考えると、なるべく相方か私が一緒にいて上げれるようにしたいなと思うばかりです。
そんな心配をよそに、わんこって無邪気ですよねぇ~。
kabuママさんの言う通り、私たちが毎日笑顔で楽しく暮していることで、Kaiserも幸せに思ってくれるのかななんて。
あなたが嬉しいから、私も嬉しい。
そんな健気なわんこの気持ち、しっかり受け止めて生活していきたいですね。
【2009/03/23 23:15】 URL | Vitamn Y #ur6nohjs [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://vitaminy.blog44.fc2.com/tb.php/906-b8ccb01e


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。