Today's Kaiser
ビーグル犬の男の子、Kaiser(カイザー)の成長ブログ。ハイキングで爆走!お家でまったり!いろんな写真たっぷりでお伝えします!チェリーアイ&去勢手術やマイクロチップの体験記なども載せています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
Vitamin Y
  • Vitamin Y
  • 初めてのわんこ暮らし。持ち前の楽天思考で、日々のほほぉ~んと育児に励んでおります。
    カナダでの新生活はToday's Kaiser in Canada
  • で、綴ります!ヨロシクね!


    ランキング参加中♪ 
    クリックしてね♪
      

      にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

      

    2006年5月20日付けcool dog site of the day受賞!
    そしてなんと、5月の月間ベストサイトに選んでいただきましたっ!応援ありがとうございますっ!
      mail.png

    特派員レポ書いてますっ!
      Dokka!関西おでかけ探検隊

    ★ Kaiser ★
    このブログの主人公。
    2005年11月16日生まれのビーグル犬の男の子。

    ★ reisender ★
    良き相方で、わんこ暦3頭目の先輩。

    ★ George ★
    我が家の謎の住人(人か?)。
    登場の機を狙ってる。

    ★ お役立ちサイト ★
      

      

      


  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
光と影の間
6DSCF2893r.jpg

昔、心理学チックな本で読んだこと。
その本も確か、海外のテレビ番組での内容を引用として紹介していたと記憶するけれど、光と闇の話。
ずっと明るい草原で暮していた人間が、暗い森に入るのと、ずっと暗い森で暮していた人間が、明るく開けた草原に出て行くのと、どちらが恐怖だろうと言う疑問。
答えなどなく、ひとりひとりに考えさせると言った記述だったと思うけれど、当時まだ中学生ぐらいだった私にとっては、衝撃的な問いかけでした。
暗いところから明るい所へ、それが恐怖になりうるなんて、思ってもいなかったから。
何度もそのページを読んで、結局分かったのは、光とか影とかが問題なのではなく、ずっと自分が信じていたことが、ある日急に誤りであることに気付いたり、間違っている方向に進んでいると思えてきた時の恐怖を言っているのではないかなと言うこと。
傾倒して信ずることの怖さと言うか、物事には疑いの目を持って接することと言うか、そんな感覚を身に着けたような。
多感な十代。きっと今よりいろんなことを、深く深く考えていた様に思います。
本、漫画、歌、映画。
名言集を読むのも好きだったからそういったところからや、気に入った言葉を見つけては、小さく切った色画用紙に一つ一つ書き留め、100の言葉が集まったら、糊で貼り合わせて小さな本を作り、こっそり通学カバンに潜ませているそんな子だったのでございます、私。
変わった子だなと言うのは自分でも分かっていたので、そんな小さな本のことは、自分だけの秘密にしてたっけな。

写真はとある休日のKaiser。
お日様がすっかり上がった頃に、私と一緒に起きて、カーテンを開けようかなと思ったら、この場所にちょこんと座ってました。
平日の朝、6時半頃だとまだ暗くて、電気をつけると眩しそうに目を細めるKaiserですが、たっぷり眠った後は、光が恋しくなったのかな?
ポカポカ暖かい、ガラス越しの太陽も気持ち良いんだろうね。
光と影、きっとどちらにも良い要素があって、バランス良くその間を行き来できることが理想なんでしょうね。

あなたは光派?それとも影派?
blogranking-banner020.jpg  
それともやっぱりブレンド派?真っ白な胸毛のKaiserに、ポチッと応援票をヨロシクねっ!
【2009/02/14 13:05】 Kaiserの日常 | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
このページの先頭へ
<<ナナメ40度の走りっぷり | BLOG TOP | 焼きぶたくんのローラーコースター>>
この記事に対するコメント
ご無沙汰してます。
なかなか深いお話で、ワタシもふむふむなんて読ませていただきました。
十代の頃って(yさんはきっとまだお若いんでしょうが)
時間がものすごく沢山あったなぁって思います。
きっとたくさんの時間を与えられていたのかも知れないとも思います。
そして、そうした時間のなかでいろいろな事を、考え、想いなさいって。

私は、今でも「書きとめ」ってしてます。
自分自身で感じたことも、たまたま読んだ本や、新聞の中の一説であったり、出先で見つけたコトバであったり・・・いろいろ。

それをどうしよっていうわけじゃないんだけどね。

小さな本、ステキですね。

【2009/02/14 15:33】 URL | マミー #gPc7RRtY [ 編集 ]
私の場合・・
好きな言葉・・・・仲間や心に関することが多いですね。今一番好きな言葉・・(というか歌のタイトルですけど)”You’ll never walk alone.”
です。この言葉ってチャトと散歩してたりするとふと頭の中に浮かんできます。決して1人じゃない。必ず誰かといっしょにいるんだ。と思うと、人間というのは、不思議と勇気が持てるものですね。
Nとチャトとずっと”You’ll never walk alone.”といきたいですな!
【2009/02/14 19:56】 URL | 旦那Hです #- [ 編集 ]
★マミーさん★
そうですよねぇ~、考えてみれば今の生活は、仕事をして、帰って来て、ご飯の用意をしたり家で色々してると夜になって・・・
十代の頃の方が、時間の余裕があったんでしょうね。
すごく小さな物事も、追求して考えたり。
書き留めることって良いですよね。
うんうん、だから何になるかと言われたら、答えに困ってしまうんだけど、また読み返したい言葉など、集めておくのって幸せな気分になれます。
小さな本、たぶん押し入れのお菓子の缶の中にあったかな。
今とは違った言葉のチョイスで、懐かしかったりもします。

★Hさん★
誰かといっしょにいるんだって言葉、良いですね。
心強い気持ちになりますね。
ひとりじゃ生きていけないし、必要とされているってことの喜びも大きいし。
雨の日も晴れの日も、一緒に歩んで行ける仲間がいるということは素敵ですね!
私も相方とKaiserと、時には爆走しつつ、時には休憩しつつ、過ごして行きたいと思ってます。
【2009/02/15 12:51】 URL | Vitamin Y #ur6nohjs [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://vitaminy.blog44.fc2.com/tb.php/884-7d2200fa


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。