Today's Kaiser
ビーグル犬の男の子、Kaiser(カイザー)の成長ブログ。ハイキングで爆走!お家でまったり!いろんな写真たっぷりでお伝えします!チェリーアイ&去勢手術やマイクロチップの体験記なども載せています。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
PROFILE
Vitamin Y
  • Vitamin Y
  • 初めてのわんこ暮らし。持ち前の楽天思考で、日々のほほぉ~んと育児に励んでおります。
    カナダでの新生活はToday's Kaiser in Canada
  • で、綴ります!ヨロシクね!


    ランキング参加中♪ 
    クリックしてね♪
      

      にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

      

    2006年5月20日付けcool dog site of the day受賞!
    そしてなんと、5月の月間ベストサイトに選んでいただきましたっ!応援ありがとうございますっ!
      mail.png

    特派員レポ書いてますっ!
      Dokka!関西おでかけ探検隊

    ★ Kaiser ★
    このブログの主人公。
    2005年11月16日生まれのビーグル犬の男の子。

    ★ reisender ★
    良き相方で、わんこ暦3頭目の先輩。

    ★ George ★
    我が家の謎の住人(人か?)。
    登場の機を狙ってる。

    ★ お役立ちサイト ★
      

      

      


  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
おやき
何がきっかけとなって思い出したのかは不明ですが、週の頭からずっと食べたくて仕方がなかったものがありました。
それは、長野の郷土料理、『おやき』。

高校生の夏に家族旅行で立山から白馬に行った時、そして大学生の時に友達と長野オリンピックを見に行った時、そのたった2回しか食べたことがなかったけれど、すんごく気に入ったのが野沢菜のおやき。
デパ地下なんかで地方の物産展とかやってるけれど、あんまり長野の物産展と言うのは聞いたことがなく、あったとしても出くわしたことはなく、たまに思い出しては食べたいなぁ~と思ってました。

今回は妄想だけでは治まらず、絶対食べるぞっとネット検索。
お取り寄せしてみようかなぁ~と思うも、どのお店がいいのか分からない。
ケチな私としては、送料がかかるのは何だか嫌だし、だからと言って沢山購入しても、好みの味でなかったらもったいないし。
美味しくても具がちょこっとしか入ってなかったら残念だし・・・

悩んだ結果、そうだ、自分で作ってみようっ!と。
と言うわけで、今度はレシピ検索。
作り方の基本はほとんど同じだけれど、微妙にいろいろ違っててどれが良いのか迷う迷う。
中の具は、代表的な野沢菜や丸ナスってのがあるけれど、基本的にはお好みで何でも入れちゃって良いみたいだったので、いろんなレシピからアイディアを頂いて、自分なりにアレンジしました。
ほら、こんな感じ。

《野沢菜》

6DSCF2534r.jpg
  1. 野沢菜の漬物を水に1時間浸し、塩抜き。
  2. ごま油で炒めてしんなりしたら、砂糖・酒・醤油・削り節を加え水分がなくなるまで炒る。




《さつまいも》

6DSCF2524r.jpg
  1. ふかしたさつまいもをフォークでつぶす。
  2. 牛乳を加えて滑らかにして、すりゴマをこれでもかっ!と言うほど加える。(ココでKaiser用を取り分け)
  3. おかずとして食べたかったので醤油を少し加え、パンチが足りなかったので、ローストした胡桃を加えて良く混ぜる。



《ひじきと鶏肉の炒り煮》

6DSCF2526r.jpg
  1. 乾燥ひじきを水で戻す。
  2. ひじき・にんじん・細かく切った鶏もも肉を炒める。(ココでKaiser用を取り分け)
  3. 下湯でしたこんにゃく・ちくわ・はちみつ・醤油を加えて水分がなくなるまで炒る。
  4. 今回は蒸してある大豆を使ったので、最後に加える。(Kaiser用にもつぶした大豆を加えました)
*実はひじきの煮物、初めて作りました!


《マーボ野菜》

6DSCF2537r.jpg
  1. 挽き肉を炒める。(今回は牛。合い挽きでも作ります。)
  2. 余分な油を捨て、フライパンに残った油でにんにく・乱切りにしたなす・きゅうり・にんじん・たまねぎを炒める。
  3. 赤味噌・コチジャン・はちみつ・醤油・塩・コショウ・ウコン・七味・ガラムマサラを加えて炒める。
  4. 水溶き片栗粉を加え、ひと煮立ちさせてごま油を回し入れ、軽く混ぜる。
*夜ご飯を多めに作っておやき用に。食べやすい用野菜は小さめにカット。


初めておやきを作るにもかかわらず、具を4つも用意しちゃったよっ!
写真撮影の為、小皿に取り分けた具ですが、実は量もたっぷりあるのです。
作り方は覚書。それぞれの分量は家庭料理の為、細かく量らずちょっとずつ味見して作りました。
・・・もしも興味のある方は、写真をクリックすると大きくなります。
野沢菜、おやきの中に沢山入れると辛いかなっと思ったけれど、塩抜きして作るとのことで納得。
パッケージを見ると、ちゃんと長野県からやって来たお漬物でしたぁ~!
おやつとしてではなく、食事として食べたかったので、さつまいもは醤油で引き締めて、ひじきの炒り煮には沢山鶏肉を入れました。
レシピにはカボチャ餡が多くあったのですが、ストックのさつまいもがあったので、そちらを使ったというわけです。
マーボ野菜、良く作りまぁ~す。
基本的に平日の夜ご飯は、何品も作っている時間的余裕も体力的余裕もないので、一つの鍋に野菜もお肉も一緒に入れて作れるものってのが多いんですよね、我家。
マーボナスだけじゃ夕食としては物足りないから、きゅうりを入れたらこれが良い感じ。
そっから発展して、いろんな野菜をプラスしてこんな感じになりました。
ここに細かくした豆腐を入れることもあります。
相方、マーボ豆腐は豆腐の存在感があり過ぎて好きではないのですが、砕くと喜んで食べてくれるのです。
今回はお豆腐の買い置きがなかったので入れてません。
レシピ検索していると、チーズを入れて洋風にアレンジしたおやきもあったけれど、私が今食べたいと思っていたのは、田舎の味って感じな和のものだったので、今回はパスしました。

たっぷり具があるので、たっぷり作って冷凍しておこうってことで、皮も大量に作りました。
中力粉を使うと良いそうですが、なかったので、薄力粉300g+強力粉300g。
そこに水400mlとサラダ油大さじ2、塩少々加えて作りました。
生地は2時間ぐらい寝かせて、その間に散歩に行ったりしたと言うわけです。

包むのに中々時間がかかったけれど、楽しい作業でした。
お腹がすいてきたので、具を味見しながら作っちゃったわ。
フライパンで両面に焼き色をつけて、100mlの水を入れて蓋をして中火で蒸し焼き。
5分ぐらいして水がなくなったところで蓋を開け、両面カリカリに焼いて出来上がり。
この時、ちょっぴり皮が膨らんで来ました。
蒸し器を使う方法とかもあるみたいですが、我家には蒸し器がないので、ギョーザの時と同じ様に作りました。

ほぉ~ら、出来ましたよ。
こんな感じ。

6DSCF2656r.jpg

全部でどど~んと34個!プラスKaiser用 4個 (さつまいも、ひじき各2個)

野沢菜 10個
さつまいも 8個
ひじき 10個
マーボ野菜 6個

野沢菜とひじきが美味しかったので多めに。
さつまいもは相方の反応が薄かったので、それより少なく。
マーボ野菜はちょっとゆるめの具で、包みにくくって、汁がこぼれちゃったりしたので、少なくて良いだろうってことで6個。
・・・あっ、でも焼いてみるとちゃんと具がこぼれず出来ましたよ。
写真に写っているのはさつまいものおやき。
練って作った具だから、形が整えやすく、さつまいもは比較的キレイに出来ました。
他の子達は、結構いびつな形のぶさいくちゃんになっちゃった。
皮を閉じる作業、巾着みたいに作ってネジって閉じて、そうするとどうしても閉じた側が厚みのある出来になっちゃいました。
ベーキングパウダー等を入れなかったので、ふっくらではありませんが、ちゃんと外はカリカリ、中はもっちりに出来て、初めて作ったにしては良い感じ。
でもまだまだ研究する点がたっぷりありそうです。
具は普通に食べれるぐらいの味の濃さだったのですが、味付けナシの皮と一緒に食べるので、薄味に感じました。
濃い目に味付けても良かったかなぁ~と相方に意見を求めると、別にこのままで美味しいとのこと。
そう言ってくれるなら、次回作る時も取り立てて濃く味付けなくてもいいなと。
その方が体にもいいですしねっ。
皮を薄めに伸ばしちゃったので、具がを詰め込むのに不安があり、思ったより少ししか包めなかったってのも、全体的に味が薄く感じられた理由の一つかな?
次回は皮もしっかり厚めに、具もぎゅーぎゅーにしてみようっ・・・って今回の冷凍保存分を食べきってから作らなきゃねっ。

あっ、そうそう、気になるKaiser用はこんな感じ。

6DSCF2658r.jpg  6DSCF2659r.jpg

大きさを比較してみると、右の写真のような感じです。
500円玉より一回りぐらい大きい感じかな?

私たちは、昨日夜ご飯として4種類を食べました。
お腹、結構膨らみますねぇ~。
満腹、満腹。
Kaiserには今日あげましたよっ!
食べる前にはもちろん・・・・・・

6DSCF2666r.jpg

『おやきっておやつのことか?』

食べたくて、必死でにおいのする方向を見つめております。
マットがナナメなのは演出ではなく、落ち着なく動き回ったが為のことです。
この後一つ目をパクッ。

6DSCF2683r.jpg

『もういっこ、はよOKゆうてっ!』

この後、ちょっとした隙にルール違反してパクッ!
即見つかって、口に手を突っ込まれ、没収・・・したは良いが、Kaiちゃん慌ててた為か丸呑みしようとしてました。
小さいサイズって、これだからダメですね。
逆にちゃんと自分で噛んで飲みこめるぐらいの、大きめのサイズの方が良かったのかなと思い直しました。
と言うわけで、2つ目は、私が手に持ったまま、噛み付きながら食べたのでした。
あと2つあるから、また食べようねっ。

相方にとってもKasierにとっても、これが初めてのおやき。
まぁKaiserは例え失敗作だろうとも、喜んで食べてくれるのですが、人間である相方はそうは行きません。
これで、悪い印象を与えたら、おやきは美味しくないと言う観念がインプットされても仕方がなかったわけですが、無事気に入ってくれました。
長野の皆様、どれだけ実物に忠実に作れたかは定かではありませんが、皆様の顔に泥を塗るようなことは免れましたわっ!
そうそう、相方曰く、『Perogies(ペローギ)みたい!』とのこと。
ペローギって?日本ではピロシキって呼ばれているあの食べ物です。
日本で見かけるのは揚げパンって感じですが、餃子みたいに半円形に包んで、焼いたものが日本以外では一般的みたいです。
形は違えど、小麦粉を練って作った皮にいろんな具を入れて食べるって意味では、同じ発想ですね。
確か相方が以前作ってくれたんだけど・・・・・

おぉ~、あったあったっ!
過去の写真ですがこんな感じ・・・

4DSCF1733r.jpg この時作ってたのは、ジャガイモとタマネギのペローギ。
2007年9月2日、相方が作った週末ディナーでした。
(クリックで写真が大きくなります。)
あっ、室内なのに帽子をかぶっている姿は気になさらずに。   4DSCF1738r.jpg


おやきを食べる前に、ネットでおやきの説明を英語で書いたサイトを探していた相方、イマイチ分かりやすいものが見つからなかったみたいですが、食べ終わって自分的に、長野県のペローギだとカテゴライズしたようです。
長野の皆様、おやきを味わったことのない、海外の方と接する機会がございましたら、ぜひペローギを例に出して見てくださいませ。
私としては、料理方法って意味ではなく、その愛され方として、長野のたこ焼きだと思ってるんですが、いかがでしょう?

ってわけで、わんこブログであるにもかかわらず、主役の少ない記事になっちゃいましたが、こんな人々と共に暮らしているKaiserですってことで、これからもヨロシクねっ。
おやきのアイディア、コツ、レシピなど、物申す!と言う方、ぜひぜひコメントしてくださいませっ!

作って満足、食べて満腹!1週間の思いがこもったおやきでした。
blogranking-banner020.jpg  
ポチッと応援、お帰りの際にヨロシクねっ!
【2009/02/01 11:25】 手作り 《食べ物》 | TRACKBACK(0) | COMMENT(6)
このページの先頭へ
<<へるぷ みぃ~ | BLOG TOP | 今日はちゃんと見てました>>
この記事に対するコメント
「おやき」に思わず
少し前からブログは拝見していましたが、初めて訪問します。
我が家にも1歳2か月になる「茶々丸」というオスのビーグルがいます。長野市在住です。という訳で、「おやき」が話題になっていましたので、思わずカキコしてしまいました。「おやき」にも色々な種類があります。地域によって作り方も様々です。「焼いたもの」「蒸かしたもの」「灰ころがし(囲炉裏の灰の中で焼いたもの)」など様々です。また、中に入れる具材も、「おから」「野沢菜」「あんこ」などポピュラーなものから、「チーズ」「栗あん」「ポテト」など何でもありです。我が家でも、よく買って食べます。自分で作ることはほとんどありません。Vitamin Yさんはすごいですね。美味しそうです。長野にお越しの際はぜひご連絡ください。美味しいおやきを紹介します。ところで、カイザーくん、よく待てができますね。茶々丸は絶対無理です。
【2009/02/01 16:03】 URL | 茶々丸ママ #- [ 編集 ]
実は・・・
このメニュー・・・・うちでは定番になりつつあるのです!!
家の場合は、具が2種類。アーモンド味噌とひき肉と野沢菜をいためたもの・・あとは、川におからを混ぜて作ってます。
これが結構うまいので、これはこれでお試しあれ!!!
写真のおやきもおいしそうで、なかなか良いできだったのでは!!
うちでは、おやきが人間用のみなので、チャトはまだこのおいしさを・・・
知りません・・・・
【2009/02/01 18:11】 URL | 旦那Hです #- [ 編集 ]
なんで思い出したのか? それは我が家が長野だからでしょう・・(笑)
愛され方はたこ焼きといっしょだと思うよ。
作り方がいろいろあるし具もいろいろあるしね~。
(野沢菜は定番だけど、なす、きのこ、やさい、大根他・・)

ちなみに長野県は広くてそれぞれだけど、俺の住んでいる北信地方はやっぱり
蒸してあるおやきだね。 しっとりしてておいしいんだよ~。
知ってると思うけど、料理に関してはちんぷんかんぷんな俺なんで
うまくコメントできないけど、俺の知り合いで週一回数限定で販売してる人
(結構人気)のおやきがあるから送ってあげるね!

【2009/02/01 21:36】 URL | nomikoa #- [ 編集 ]
おやき~!!!
大好きです。
長野に行ったら必ず買って食べてました。
美味しいですよね。定番の野沢菜が好き♪
他にも色々な具いれるんですね~。
長野出身の友達はおばあちゃんの作る炭焼き(炭ころがしって言うんですか?)のが一番って言ってたの思い出しました!

今度肉まん作ろうと思ってたけどおやき作ってみよう!!
Kaiくん、おやき美味しかった?
【2009/02/01 22:21】 URL | JUN #- [ 編集 ]
オォッ!?ウマソー♪
お料理ブログになっているじゃないですかぁ~♪
kaiちゃんは食べるの専門ね!
ワタシも食べるの専門・・・ちょーっとお料理が苦手なんです↓
でも写真付だと作ってみようかなーなんて気になります。
本当に思うだけで実行はなかなかしませんが・・・

全く関係ない話なんですが、『長野』で思い出したコトが・・・
ワタシが学生だった頃、必須科目で『民俗学』の授業があったのですが
夏休みの課題として、自分の住んでいる所、または出身地にまつわる
民俗学・・・的なコトを調べてレポートを書いて提出!という宿題を出されたんです。民俗学の先生は「君はドコの出身や~?・・・○○かぁ・・・じゃあ××にある郷土資料館に行きなさい」と色々詳しかったのですが、同じクラスに長野県出身の子が居たんですね。さすがに長野までは許容範囲外だったのか考えていた時に、別の子が「野沢菜の歴史は?」と冗談で言ったんです。そうしたら先生が「あ、それでいーわ。野沢菜の歴史」・・・結局彼女は野沢菜の歴史を課題にしたのかは分りませんが、おやきの作り方見ながらこんなことがあったなー、なんて思い出してしまいました。

長々と失礼しました!!
【2009/02/02 09:45】 URL | しん。 #- [ 編集 ]
★茶々丸ママさん★
初めまして!『おやき』に反応、ありがとうございまぁ~す!
食べたいっと思って検索していると、本当その種類の豊富さに驚かされるばかりで、どれを作ろうか迷っちゃいました。
奥が深い食べ物なんですねぇ~、おやき。
ますます虜になっちゃいそうです。チーズ味も気になるところ!
身近な所で買えたなら、きっと私も作ろうとは思わなかったと思います。
だって、大阪に住んでいますが、たこ焼き、作りませんもの!(笑)
おやき、全国展開して欲しいなぁ~と思いつつ、長野でしか食べれないからこそ、さらに美味しいのかなっとも思います。
Kaiserの目の前には、こわい顔のかぁちゃんがおりますので・・・
ひぃ~~、ひぃ~~っと泣きながらいつも待ってます。(笑)

★Hさん★
アーモンド味噌!おいしそぉ~!
夕食を済ませたばかりなのに、食欲そそられちゃいますっ!
ひき肉と絡めたアーモンド味噌っていろいろ応用利きそうで、試してみたくなりました!
おから、確かベーグルの時にも入れてましたっけ?
大活躍ですねぇ~。
良いアイディア、ありがとうございますっ!
チャト先生、いつかおやきを作ってもらってねっ。さつまいもやカボチャだったら、食べれるかな?

★nomikoaさん★
そうそう、それは大アリ!マルボイ家が長野ってことで、随分長野が近く感じられます。
でも、なんで食べ物を思い出しちゃったんだろう?
りんごの記事でかなぁ~?長野と言えばりんごもそうだけど、おやきもよねぇ~って思い出したんだったっけ?
きのこも作ろうかと迷ったんです。でも初回から欲張りすぎだと自制しました。
次回はぜひ。
蒸してあるってことはやっぱり、ベーキングパウダーとか入れてふわっとさせるのかな、きっと。
おぉ~、送っていただけるとは有難いやら申し訳ないやら。
でも本場のおやきで勉強もしなくてはっ!

★JUNさん★
我家、お漬物はほとんど買わないので、久々に野沢菜を食べ、その美味しさにほっこり。
炒めてごま油の味がしみ込んだ野沢菜にも、舌鼓。
もっとぎゅうぎゅうに入れれば良かったぁ~と、その点が悔やまれます。
炭で転がすことが出来るなんて、もう今じゃぁ貴重なのかな?
ぷくぅ~っと膨らんだおいしそうなおやきを想像しちゃいました。
肉まんもいいですねぇ~。作ってみたい!
JUNさんもおやき作ったら、見せてねぇ~!

★しん。さん★
はははっ!でもね、決してお料理が好きなわけじゃないんです。
『作る』って作業は好きな方で、その興味が今は食べ物に集中しちゃってるって感じかな?
特に、めずらしいものを作った時などは、事細かに記しておきたいって思っちゃって、ブログを覚書の場としております。
おやき、奥の深い食べ物ですが、とってもシンプルな材料で作られているので、ぜひぜひチャレンジしてみてください。
民俗学!おもしろい分野ですねっ。
食文化のルーツを探るってのも楽しそう。
出身地のことって、案外知ってるようで知らなかったりしますもんねぇ~。
私の住んでいる市にも、歴史街道みたいな散歩道がありますが、イマイチ良く分かってなかったり。
今度調べてみようかなぁ~、なんて。
野沢菜の歴史もなんだか気になっちゃいました!
【2009/02/02 21:42】 URL | Vitamin Y #ur6nohjs [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://vitaminy.blog44.fc2.com/tb.php/875-05b96595


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。