Today's Kaiser
ビーグル犬の男の子、Kaiser(カイザー)の成長ブログ。ハイキングで爆走!お家でまったり!いろんな写真たっぷりでお伝えします!チェリーアイ&去勢手術やマイクロチップの体験記なども載せています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
Vitamin Y
  • Vitamin Y
  • 初めてのわんこ暮らし。持ち前の楽天思考で、日々のほほぉ~んと育児に励んでおります。
    カナダでの新生活はToday's Kaiser in Canada
  • で、綴ります!ヨロシクね!


    ランキング参加中♪ 
    クリックしてね♪
      

      にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

      

    2006年5月20日付けcool dog site of the day受賞!
    そしてなんと、5月の月間ベストサイトに選んでいただきましたっ!応援ありがとうございますっ!
      mail.png

    特派員レポ書いてますっ!
      Dokka!関西おでかけ探検隊

    ★ Kaiser ★
    このブログの主人公。
    2005年11月16日生まれのビーグル犬の男の子。

    ★ reisender ★
    良き相方で、わんこ暦3頭目の先輩。

    ★ George ★
    我が家の謎の住人(人か?)。
    登場の機を狙ってる。

    ★ お役立ちサイト ★
      

      

      


  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
高野山 《その1》
1ヶ月に1度は、ちょっぴり遠出をしている我家。
昨日行って来たのは、和歌山県にある高野山です。
行くとなっていろいろ調べているうちに分かったことは、『高野山』っていう山があるわけではなく、その周辺の山々の総称なんだってことっ!
お隣の県の山なのに、知りませんでしたぁ~。

まずは最寄り駅で各種電車・バス乗り放題の1dayチケットを入手して、出発。
電車に揺られること2時間あまりで、南海電車、極楽橋駅に到着。
そこからケーブルカーに5分ほど乗って、標高は867mにある高野山駅を目指しました。

4DSCF5189r.jpg

運転手さんの真後ろの席だったんですよねぇ~。
肩越しに対向車チェック!
かなりの急勾配でしたよっ!

ケーブルカーを降りて、今度はバスに乗り、今回私達がハイキングのスタート地点として定めた、『奥の院前』のバス停まで行きました。
例のちびクレートで仮眠を取る事約2時間半、やっと外の空気を吸えたKaiserです。

バス停のすぐ近くで目を引いたのが、案内マップ。そしてそこに描かれた・・・・・・

4DSCF5193r.jpg

2頭・・・いや、3頭?・・・3頭目なんか目つき悪いけど・・・
のわんこ!
弘法大師こと空海は、2頭の犬に導かれてこの山に入ったと言われており、そんなこともあってか、わんこもここ奥の院に入ることが出来るのです。
高野山には沢山のお寺があり、道すがら『犬の散歩お断り』と書かれているところも見かけましたが、今回私達が訪れた範囲ではOKでした。

さてさて、それでは奥の院への道へ。

4DSCF5198r.jpg

この石畳の先は、霊園になっていました。
特に目に付いたのは、会社が物故従業員の為に建てた慰霊碑の数々。
阪神淡路大震災で亡くなった方々の慰霊碑もあり、少し立ち止まらずにはいられませんでした。

巨大な杉並木。

4DSCF5203r.jpg

あぁ~んど、ちっこいわんこ。

4DSCF5208r.jpg

どちらも一生懸命生きています。

こちらは水掛地蔵。

4DSCF5212r.jpg

・・・とは言うものの、観音様もいらっしゃいました。
えぇ~、ちなみにこの写真にはKaiser含むブログ関係者は写っておりません。(笑)

このお地蔵様の左横にあるのが御廟橋(ごびょうばし)。

4DSCF5216r.jpg

この先にあるのが、奥の院のメインスポット、弘法大師御廟。
ここに弘法様が眠っているんだそうです。
この橋から先は撮影が禁止。
ですがわんこはOKなので(さすがっ!)、Kaiserと一緒に先まで進みました。
連休のせいもあり、多くの人が訪れていましたが、一歩先に進むと皆静かな感じで、中から聞こえるお経に手を合わせたり、お線香やろうそくを灯す方々がいました。

そうそう、この御廟の横手に、弥勒石(みろくいし)と言う重たい石が祀られた祠がありました。
ご家族連れの方が集まって、持ち上げられるかどうかと話をしてらっしゃったので、興味を惹かれて私達も行ってみました。
格子状になった祠には、1箇所だけ片手を入れれる場所があって、そこから中にある弥勒石を触れる構造です。
祠の中は2段になっていて、石は1段目にありました。
どうやら皆さん、この石を持ち上げて2段目に乗せられるかどうかチャレンジしていたよう。
結局その家族連れのお父様は断念。
続いて私がやってみることに。
石は何とか転がせるけれど、持ち上げることは出来ませんでした。結構力持ちなのに残念・・・
続いて相方がチャレンジ。
何度かコロコロ転がして、コツをつかんだのか一気に2段目にゴロリンッ!
見事乗っけることが出来たのですっ!
ちょっぴり感動した後、二人顔を合わせて、『でっ?』。
・・・・・・その場所に特に説明書きは残ってませんでしたが、帰ってから調べてみると・・・・・・
『弥勒菩薩の浄土である兜率天(とそつてん)から蓮の糸に吊られて降りてきた石』らしく、『弥勒石に触れることによって、弥勒菩薩を勝縁を結ぶ』ってのが本来の意味みたいです。
でも現在は、その重さから『上段へと片手で上げることが出来れば願いがかなうとか、罪の軽い者は簡単に上がり、逆に罪の重い者は上がらない』とかと言う信仰的解釈もあるそうです。
(『』内引用は全てコチラから)
この場所も撮影禁止だった為、証拠写真は残ってませんが、皆さんも訪れる機会があったらぜひ試してみてくださいませ。

とまあこんなわけで、奥の院エリアを楽しみつつ、ハイキングマップで居場所を確かめていた私達。
お寺系の山に入っていつも思うことは、参拝ルートは分かりやすく標識が立っているけれど、ハイキングルートは分かりづらいということ。
しばらく考えていたら、親切なご夫妻が声をかけてくれて、道順を教えてくださり無事山道へ入ることが出来た私達でありました。

つづく。

 いつになく写真が少ない?いえいえ沢山撮りましたともっ!次回お楽しみにっ! 
【2007/11/24 11:07】 おでかけ(日帰り) | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<高野山 《その2》 | BLOG TOP | イチョウとKaiser>>
この記事に対するコメント
弥勒石は知りませんでした~。
(私はちなみに、重たすぎて、持ち上がらない=罪が重たすぎて、もてない
 なんでしょうな・・・・)

大悪党ですから・・・・(大はないかな・・・)
チャトをつれて、山道も登ってみたいと思っていますが、これからの季節は、難しくなってくると思いますので、平野で訓練の毎日です。
【2007/11/24 19:23】 URL | 旦那Hです #- [ 編集 ]
★Hさん★
弥勒石、きっとチャト先生を片手でひょいっと抱き上げれたら、持ち上がると思いますよっ!(笑)
山道、ビーグル的には楽しくて仕方がないようです。
やっぱり猟犬ですからねぇ~。海に行くより何倍も嬉しい様。
チャト先生も、きっと元気に歩いてくれると思いますっ!
6ヶ月を過ぎた頃から骨格も整ってきて、運動量を増やしても大丈夫とされているので、チャト先生はこの冬トレーニングシーズンですねっ!
暖かくなるお誕生日頃には、山デビュー出来るといいですねっ!
【2007/11/25 12:36】 URL | Vitamin Y #ur6nohjs [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://vitaminy.blog44.fc2.com/tb.php/543-85d96512


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。