Today's Kaiser
ビーグル犬の男の子、Kaiser(カイザー)の成長ブログ。ハイキングで爆走!お家でまったり!いろんな写真たっぷりでお伝えします!チェリーアイ&去勢手術やマイクロチップの体験記なども載せています。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
PROFILE
Vitamin Y
  • Vitamin Y
  • 初めてのわんこ暮らし。持ち前の楽天思考で、日々のほほぉ~んと育児に励んでおります。
    カナダでの新生活はToday's Kaiser in Canada
  • で、綴ります!ヨロシクね!


    ランキング参加中♪ 
    クリックしてね♪
      

      にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

      

    2006年5月20日付けcool dog site of the day受賞!
    そしてなんと、5月の月間ベストサイトに選んでいただきましたっ!応援ありがとうございますっ!
      mail.png

    特派員レポ書いてますっ!
      Dokka!関西おでかけ探検隊

    ★ Kaiser ★
    このブログの主人公。
    2005年11月16日生まれのビーグル犬の男の子。

    ★ reisender ★
    良き相方で、わんこ暦3頭目の先輩。

    ★ George ★
    我が家の謎の住人(人か?)。
    登場の機を狙ってる。

    ★ お役立ちサイト ★
      

      

      


  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
マイクロチップ 《2》 種類と特徴
さてさて、Kaiserに埋め込んでもらったチップはコチラ。

3DSCF8740r.jpg

製品名 : ライフチップバイオサーモ
製造元 : デジタル エンジェル社(アメリカ) *旧社名 : デストロン フェアリング社
製造販売元 : 大日本住友製薬株式会社
寸法 : 13.5mm (L) X 2mm (D)
重量 : 90mg
素材 : ポリプロピレン、生物学的適応ガラス
電源 : 無電源
規格 : ISO規格(11784/5)
交信方式 : FDX-B (全2重通信B方式)
特徴 : 『移動防止キャップ』でチップが埋め込んだ場所に留まる。専用の読み取り機により体温測定も可能。

パンフレットに載っている、原寸大のチップの写真。

3DSCF8744r.jpg

1円玉と比べてみたけれど、なんかイマイチ分かりにくいので・・・・・・

3DSCF8747r.jpg

爪楊枝を上に乗せてみたら、ちょうど隠れる感じ。
これで太さが想像できるでしょう?

かかりつけの獣医さんからのお勧めと言うこともあり、自分達で調べた結果良いと思われたので、こちらにしましたが、現在日本国内で流通しているチップは・・・・・・

① ライフチップバイオサーモ
製造元 : デジタル エンジェル社 (アメリカ)
販売元 : 大日本住友製薬株式会社

② アイディール
製造元 : データーマース社 (スイス)
販売元 : 共立製薬株式会社

③ AVIDマイクロチップII
製造元 : アビッド社 (アメリカ)
販売元 : 株式会社共立商会

④ AEGトロンID-162
製造元 : トローバンAEG社 (イギリス)
販売元 : サージ ミヤワキ株式会社

と言う4つだそうです。

日本に入国する際は、国際標準化機構(International Organization for Standardization 通称 ISO)規格の2つの規格に適合したチップを身につけていることが条件となるようですが、上記4つとも全て準拠製品とのこと。
ちなみにこの2つの規格とは・・・・・・

ISO11784 : データコードの規格。15桁のコードで編成されていること。
コードの内訳は・・・・・・
国名コード(3桁/日本 : 392)
動物種コード(2桁/伴侶動物 いわゆるペット : 14)
メーカーコード(2桁/デジタル エンジェル社 : 80)
固体番号(8桁/その子特有の番号)

ISO11785 : 通信電波の周波数の規格。134.2kHzの読み取り機とチップであること。

この2つのISO規格に準じたチップは、北米を除くほとんどの国で使われているそうです。
なぜ北米のチップはISO規格じゃないのかと言うと、元々家畜用としてマイクロチップが広く使われており、今更、比較的新しいISO規格を取り入れることに難色を示していると言う理由がひとつ。
そして、現在シェアを独占状態の上記①と③の会社が、ヨーロッパなどからの輸入品によって立場が危うくなるのを恐れてのことだとか。
相方の出身国であるカナダでも、現在の主流はアメリカと同じチップだとか。
でもカナダの場合は、徐々にISO規格対応のものへ移行しつつあるらしいですが、この点についてはまだあんまり調べておりません。

ちなみに上記①③の会社、日本を含む海外向けにはISO規格のチップを製造して販売しているんですってよ。
だからKaiserが装着したのも、大丈夫なんですが、何なんでしょうねこの矛盾。

えっとそれから、上記4つのチップに共通していることと言えば、IDデータを管理している団体。
以前はチップによって異なっていて、お互いのデータ照合なども出来なかったようですが、2007年1月より社団法人日本動物保護管理協会内にある、動物ID普及推進会議事務局(Animal ID Promotion Organization 通称 AIPO)によって一括管理されるようになったそうです。

さてさて、マイクロチップ。
読み取り機をかざせば、さぞかしいろんなデータが表示されるのだろう、と思っていたら(えっ、皆さん思ってませんでしたか???)、実際表示されるのはID番号のみ。
まぁKaiserが埋めてもらったは比較的新しいタイプで、これまた専用の新しい読み取り機があれば体温表示も出来るわけですが、基本的には番号だけ。
もちろん装着前にそのことを知り、納得の上で埋め込んだわけですが、良く考えればそうですよね。
読み取り機は一般の人でも購入可能なわけで、何でもかんでも読み取れたら、悪用されかねませんもんね。
番号にひもづけされている詳細データは、獣医師や行政担当者等が管理団体のAIPOに電話・FAX・インターネットなどで問い合わせることで、照合が可能なんですって。

と言うことで、長々と書きましたが、マイクロチップを装着するに当たり、調べたことなどをまとめたつもりです。
自分自身のメモ書きの為と、もしも参考になるのならと思いまして。

次回は実際の装着時の様子を書きますね。
もうしばらくこのトピックにお付き合いくださいませ。

クリックで応援!ありがとうございますっ!



【2007/06/17 12:57】 マイクロチップ | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
<<マイクロチップ 《3》 埋め込みレポート | BLOG TOP | マイクロチップ 《1》 装着の経緯>>
この記事に対するコメント
ナナは、②のチップを日本で入れて、カナダにやって来ました。 先日、エドモントンの動物病院でマイクロチップの読み取りをおこない、日本に帰国するための、準備を進めています♪
【2007/06/17 13:16】 URL | Megu #ERREuN5o [ 編集 ]
★Meguさん★
お久しぶりですっ!
ナナちゃんのブログをブックマークしてたのですが、データが消えてしまいしばらく伺ってませんでしたっ!
後でまとめ読みさせていただきますねっ!
ナナちゃん、帰国準備されてるんですねぇ~。
避妊手術もされたようで、でも元気そうなので良かったですねっ!
私も実は②のチップが気になってたんです、なんとなくアメリカの会社よりスイスの会社の方が個人的に好感が持てる気がして。
でも、体温測定の機能に惹かれて①にしました。
まぁ実際読み取り機はお高くて購入出来ず、意味ないと言っちゃあそれまでですが・・・・・・
【2007/06/18 19:35】 URL | Vitamin Y #ur6nohjs [ 編集 ]
はじめまして
ちょうどマイクロチップの件で登録団体に疑問沸騰で
データベースを閲覧出来ない日本のチップを入れた
猫が海外ではどうするのか~?
みたいな事で‥‥
結局回答はうやむやのまま
日本コード392のチップNoを海外のデータベースを
管理する団体がどのように扱うかは解らない‥‥

そんな折いろいろ検索している時にこちらに辿り着きました
どうせ入れるならこのチップがいいな~て思っていたので
しかし私には選択の自由はなく共立商事
AVIDマイクロチップII(商品名)エイビット社(米国)となりました
羨まし~です=☆

因にうちのイチローくんのナンバーは
00378688
マイクロチップ仲間です~宜しく
長々すみませんでした
【2009/06/03 16:31】 URL | Bluestar #uvrEXygI [ 編集 ]
★Bluestarさん★
いらっしゃいませ!
データベース誰でも簡単に閲覧出来ないのは、プライバシーの保護の為にも良いことだと思いますが、確かに海外に引っ越した際など、向こうの獣医師や特定の機関が閲覧できないのは困りますよね。
海外に引っ越した際にはその国で情報を登録し直すと言う事を過去に聞いたことがあるような・・・
あいまいなので何とも言えませんが。
うちの子が埋めているチップ、検温できるからいいなっと思ったものの、全く使っておりません。
リーダーがお安くなれば買い求めて体温チェックも出来るのになぁ~。
迷子の動物や飼育放棄にされる子が増えないよう、飼い主の責任と言う意味でもマイクロチップが広がるといいですね。
コメント有難うございましたぁ~!
【2009/06/03 19:10】 URL | Vitamin Y #ur6nohjs [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://vitaminy.blog44.fc2.com/tb.php/438-031b571d


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。