Today's Kaiser
ビーグル犬の男の子、Kaiser(カイザー)の成長ブログ。ハイキングで爆走!お家でまったり!いろんな写真たっぷりでお伝えします!チェリーアイ&去勢手術やマイクロチップの体験記なども載せています。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
PROFILE
Vitamin Y
  • Vitamin Y
  • 初めてのわんこ暮らし。持ち前の楽天思考で、日々のほほぉ~んと育児に励んでおります。
    カナダでの新生活はToday's Kaiser in Canada
  • で、綴ります!ヨロシクね!


    ランキング参加中♪ 
    クリックしてね♪
      

      にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

      

    2006年5月20日付けcool dog site of the day受賞!
    そしてなんと、5月の月間ベストサイトに選んでいただきましたっ!応援ありがとうございますっ!
      mail.png

    特派員レポ書いてますっ!
      Dokka!関西おでかけ探検隊

    ★ Kaiser ★
    このブログの主人公。
    2005年11月16日生まれのビーグル犬の男の子。

    ★ reisender ★
    良き相方で、わんこ暦3頭目の先輩。

    ★ George ★
    我が家の謎の住人(人か?)。
    登場の機を狙ってる。

    ★ お役立ちサイト ★
      

      

      


  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
比叡山 《その2》
さてさて、延暦寺を目指しながら、山道を歩いていくと何だかそれらしき建物が。
実は『西塔』エリアも通過してたんだけれど、時間の関係上立ち寄らないことにしたので、私達が最初に到着したお寺の建物がこちら。

3DSCF1522r.jpg

『阿弥陀堂』

このちょうど裏手からやって来たんですよね。
その左隣には・・・・・・

3DSCF1524r.jpg

『東塔』

色鮮やかな朱色が、山の緑に映えてました。
ちょうどこの塔の後ろ辺りが、比叡山の山頂らしいです。

3DSCF1529r.jpg

『おれ、こっちのやまのほうがいいっ!』

あんまり綺麗な雪ではないですが、阿弥陀堂の横に掻き分けられた雪の山があって、得意げに登っていたKaiserです。

3DSCF1532r.jpg

『戒壇院』

3DSCF1538r.jpg

『大講堂』

3DSCF1548r.jpg

『文殊楼』

この近くに鎮座していた『南無天台大使』。

3DSCF1543r.jpg

見つけたとたん、Kaiserは形相を変えて吠えてました。
それも何度も何度も。
参道でもお地蔵さんに出会ったし、これまでも仏さんや銅像の近くを通ったことはあったんだけど、何を感じたと言うのでしょう?
ちなみに、下山中の山道でも木に向かって激しく吠えました。
これまで吠える対象といったら、日向ぼっこ中の野良猫ちゃんぐらいだったんだけど、恐るべし霊峰の力?
魂が宿っていたのかもしれませんね。←霊の存在は全く信じてない私ですが・・・・・・

こちらもまた、文殊楼のそばに座ってらっしゃいました。

3DSCF1550r.jpg

『清海鎮大使張保皐碑』

張保皐さんは韓国出身で、9世紀にアジア近隣の海の秩序を定めたとの事。
彼の記念碑なわけですが、個人的にはこの亀さんの顔が気になって写真を撮らせて頂きました。

文殊楼の目の前には急な階段。
その正面に、延暦寺の中で一番有名な『根本中堂』が建っています。

3DSCF1551r.jpg

『ここ、おりるんかっ?』

3DSCF1559r.jpg

数えるのを忘れましたが・・・・・・だって急過ぎで、数えてたら踏み外しそうだったんですもの・・・・・・52段あるそうです。
上に見えるのが、文殊楼ね。

この階段と『根本中堂』の間にはそれほどスペースがありません。
なので、お堂だけを正面から写真に納めるのは、絶対ムリ。
左手にあるスロープから記念撮影です。

3DSCF1561r.jpg

『根本中堂』

本当は靴を脱いで中にも入れたんですが、Kaiserを置いておくわけにも行かず、相方と代わりばんこに見に行くほど興味も時間の余裕もなく、外観だけを楽しんでまいりました。

山の中にはこれだけの建物が点在しています。

3DSCF1563r.jpg

私達が周ったのは、左から2つ目の黄色い囲いで書かれた、『東塔』エリアのみ。
それでも全ては周りきれませんでした。
でも、程よく観光も出来たし、そろそろ引き返すことに。

3DSCF1574r.jpg

『これから、げざんやでっ!』

元来た道を逆方向に進んで、またまたスキー場跡に!

3DSCF1590r.jpg

『いえぇぇぇぇぇ~~~いっ!』

3DSCF1592r.jpg

『いぇいっ!』

やっぱりお寺見学より、何も考えずに(?)ひたすら走り回る方が性に合っているようです。

行きの道中ではそれほど気にしていなかったのですが、再度山からの絶景を眺めていると・・・・・・

3DSCF1600r.jpg

左手に大文字山らしきものが見えました。
左端真ん中辺りから伸びている稜線。その山肌がかすかに茶色く削れてるのが見えますか?
たぶんあれが大文字山かと。
言われてみれば、京都市内の緑のスポットからしてもそんな感じがしますよね。
ってことは、この間私が、大の字ポーズで撮った写真の右手延長線上に比叡山があったんだなぁ~、なんて。
思わずニンマリしてしまうぐらい、いい感じっ。

この絶景ポイントから少し歩いたところがケーブルカーの駅でしたが、帰りは山道を下ろうと決めていたので、駅横の登山コースを進みます。

3DSCF1612r.jpg

これがまた、細道!
と言うか、本当に山の中をくり抜いて作った道って感じが漂っていて、なんと言うかハーフパイプの様な道だったんですよねぇ~。
くねくね曲がりくねってるし、相方と二人、ボブスレーみたいっ!と言いながら黙々と歩いておりました。
落ち葉も多く、その下には大きな石が隠れてたり、木の枝や根っこが罠の様に敷き詰められていたり。
ガニ股歩きでしっかり地を踏みしめながら、ドシドシッ!ドシドシッ!と下っていった私です。
この道、探検度は高く、面白かったんですが、登って来なくて正解でした。

3DSCF1614r.jpg

文字通り道草を食うKaiser。
4本足って、こんなに余裕があるわけっ?

なんとか明るさを保っているうちに下山。
お疲れ様ってことで、記念にパチリッ!

3DSCF1632r.jpg

見事に両目違う色で発光している、Kaiserでございました。

この後、叡山電鉄の修道院駅に向かい、家路へ。
外では疲れ知らずで、私達の何倍も動き回っているKaiserも、家に帰ってご飯を食べれば・・・・・・

3DSCF1641r.jpg

『ZZZZZZZZZZZZZ』  (めるままさん、ありがとうございますっ!)

すっかり夢の中。
沢山歩いて、走って、そしていろんな人に可愛がってもらえて、充実した新春初登山となったのでありました。

そうそう、家について比叡山のことをおさらいしてて気づいたのですが、そう言えば私達、巡拝料を払っていない・・・・・・
どうやら延暦寺、巡拝料として大人550円必要だったみたいなんですが、入り口らしきゲートは通らなかったんですよねぇ。
ロープウェイやバスなどで参拝に来てらっしゃった方々とは違い、登山道を通って来て、しかもお堂の裏側から入ってしまった為だと思います。
でも、封鎖されてるところを無理やり突き破って来たわけでもないし、道なりに進んでたら自然にお寺のエリアだったので、汗水流して自力で(途中までケーブルカー使ったけど)登って来た私達へのご褒美だと思うことに致しました。

そんなわけで、延暦寺、正式な入り口から入場した場合、わんこ連れが問題になったかどうかはわかりません。
ただ、敷地内でお坊さんたちともすれ違いましたが、特に何も注意は受けませんでした。
他にわんこ連れがいなかったせいもあり、注目を受けることも多々ありましたが、皆さん良い方ばかりで、優しく接して頂きました。
本当にこれまで、行くとこ、行くとこ、人に恵まれたお出かけをしている私達です。

毎回どこに行くか決めるのが大変!低めの山で半日で楽しめるもの!そして近場。しかも公共の交通機関使用!制限はあるけれど、今年もいろんなところに行きたいなぁ~と思っております

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
【2007/01/07 15:50】 おでかけ(日帰り) | TRACKBACK(1) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
<<大好きな公園 | BLOG TOP | 比叡山 《その1》>>
この記事に対するコメント
楽しい登山だったようですね!
比叡山もよく行く場所(いつも車で行きます)なので
登山道で登れるんだ~と思いました。
といっても、スキー場には下のガレージに車を置いて
ケーブルカーで行ったことはあるんです。
スキー場まででもフラフラ(スキーの板等持ちながら・・・)でした。
閉鎖されると何も無くなっているんですね!?
雪も無かったし・・・ちょっとさみしいです。
ハルを走らすには、いい感じですけど・・・

次のお出かけの報告、楽しみに待ってま~す!


【2007/01/07 17:02】 URL | オレンジ #- [ 編集 ]
★オレンジさん★
スキー場の跡地、本当わんこを走らせるのにはいい感じでしたよ!
荒れ果てた感はありましたが、季節的にも虫は少ないし、坂道の為足腰を鍛えるのにはもってこいっ!
機会があったらぜひ、ハルくんと一緒に出かけてみてくださいねっ!
ケーブルカーは冬の期間営業停止中みたいで、三が日だけ動いてました。

お正月休みも終わり、次はいつお出かけできるかなぁ~?
どこに行こうか、今から候補地選びですっ!
【2007/01/07 17:52】 URL | Vitamin Y #ur6nohjs [ 編集 ]
ニンキブログ
はじめまして!
ブログPing送信サイト 『ニンキブログ』 と申します。突然失礼申し上げます。
アクセスアップに無料登録しませんか?

『ニンキブログ』 に登録すると、Ping送信する度に『ニンキブログ』のトップページに大きく表示。しかもコミュニティーに
トラックバックするとフォトアルバムに写真を登録できます。

ランキングだけではないチャンスでトップページに更新情報を表示させることができます!
スタートしたばかりのサイトですので、ランキング上位を狙うなら今がチャンスです。是非ご検討ください!

ニンキブログ
【2007/01/08 13:12】 URL | ニンキブログ #- [ 編集 ]
★ニンキブログさん★
お知らせありがとうございます。
後ほど覗きに行かせてもらいますねっ。
【2007/01/10 19:19】 URL | Vitamin Y #ur6nohjs [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://vitaminy.blog44.fc2.com/tb.php/330-a1486b90


比叡山比叡山(ひえいざん)とは、滋賀県大津市と京都府京都市北東部にまたがる山。大比叡岳(848m)と四明岳(しめいがたけ、839m)から成る。京都の山の印象があるが山頂は滋賀県にある。古くより信仰対象の山とされ延暦寺や日吉大社があり繁栄した。別称、叡山。北嶺。天
日本観光地ガイド【2007/02/23 15:13】
このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。