Today's Kaiser
ビーグル犬の男の子、Kaiser(カイザー)の成長ブログ。ハイキングで爆走!お家でまったり!いろんな写真たっぷりでお伝えします!チェリーアイ&去勢手術やマイクロチップの体験記なども載せています。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
PROFILE
Vitamin Y
  • Vitamin Y
  • 初めてのわんこ暮らし。持ち前の楽天思考で、日々のほほぉ~んと育児に励んでおります。
    カナダでの新生活はToday's Kaiser in Canada
  • で、綴ります!ヨロシクね!


    ランキング参加中♪ 
    クリックしてね♪
      

      にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

      

    2006年5月20日付けcool dog site of the day受賞!
    そしてなんと、5月の月間ベストサイトに選んでいただきましたっ!応援ありがとうございますっ!
      mail.png

    特派員レポ書いてますっ!
      Dokka!関西おでかけ探検隊

    ★ Kaiser ★
    このブログの主人公。
    2005年11月16日生まれのビーグル犬の男の子。

    ★ reisender ★
    良き相方で、わんこ暦3頭目の先輩。

    ★ George ★
    我が家の謎の住人(人か?)。
    登場の機を狙ってる。

    ★ お役立ちサイト ★
      

      

      


  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
男山 《その2》
頂上まで辿り着いた私達。
ずっと歩いてきた『こもれびルート』をもう少し下ったところで、合流している『ひだまりルート』にコース換えして散策を続けることに。

2DSCF6269r.jpg

『あっるっこぉ~~っ♪あっるっこぉ~~~~~っ♪』

下にちょろちょろ流れている小川が気になった様子。

2DSCF6271r.jpg

すんごい、覗き込んでますっ。

2DSCF6277r.jpg

『くんくんっ。くんくんっ。』

そんな『こもれびルート』を下りきって、一度一般道に出て、お次は『せせらぎルート』を歩く。
これで男山の散策路3つを制覇だねっ。

2DSCF6291r.jpg

『おれ、たんけんかやからなっ。』

名前の通り、先の2つのルートは光がきらきらしていたけれど、こちらは小さな川沿い。
せせらぎを見つけて・・・・・・

2DSCF6295r.jpg

『ちょっと、のんでいい?』

しばし喉を潤す。

時より揺れる、竹のざわめきに耳を澄ませながら、ちょっと休憩。

2DSCF6297r.jpg

『さっきのみず、うまかったっ!』

お日様に向かって、すくすく真っ直ぐ育っている竹。

2DSCF6300r.jpg

Kaiちゃんも、こんな風にいい子に育ってね。

竹やぶを抜け切ると、三の鳥居。

2DSCF6304r.jpg

記念写真撮影も、段々慣れてきたKaiserです。

せっかくだから八幡宮にも行っておくかと、灯篭の並ぶ参道を歩く。

2DSCF6306r.jpg

でも、境内の入り口に来たところで、犬猫お断りの標識発見。

2DSCF6310r.jpg

『こっからみとくから、ええわっ。』

まぁ、神社仏閣参りが趣味ってわけじゃなく、ハイキングを楽しみにきたわけだから、いいよねっ。
と言うわけで、Uターン。

さてさて、八幡宮のすぐ近くに広場のようなところがあったのだけれど・・・・・・

2DSCF6311r.jpg

この方、誰だと思います?

答えはこちら↓

2DSCF6314r.jpg

アメリカの発明家トーマス・エジソン。
彼はこの男山の竹を、白熱電球のフィラメント(電球の中のバネ状の発光体)として使ったとされていて、その為記念碑が建てられているのです。
発見出来なかったけど、駅前にも胸像があったみたい。
・・・・・・にしても、上の胸像にはちょっとびっくりしました。どういう意味かは聞かないでっ!←でもしっかり写真に収めている。
ちなみに、記念碑の周りには柵があって中に入れなかったので、Kaiser抜きの写真です。

こんな驚きも・・・いや、歴史的な出会いもありつつ、そろそろ下山することに。

こちらは、なぜだか葉っぱとにらめっこ中のKaiser。

2DSCF6315r.jpg

『くったろかっ!?』

表参道をてくてく。

2DSCF6323r.jpg

『はよ、きぃ~やぁ~っ!』

途中相方が見つけたのは・・・・・・

2DSCF6330r.jpg

木登り上手なノラネコちゃん。どこにいるのかわかりますかぁ~?
何だか謎々じかけの絵のようですね。
Kaiserは全く気づかず歩いてたけどねっ。

そんなこんなで、高良神社に到着。
ここ出発地点の一の鳥居を抜けてすぐの所。

2DSCF6333r.jpg

『ほぉぉぉぉ~。ちょっと、つかれたっ!』

池にいた鯉の大群に、今日のハイキングのお話をしつつ・・・・・・

2DSCF6339r.jpg

『おれの、ごはんに、したろかっ?』

帰路に着いたのでありました。

2DSCF6341r.jpg

『きゅうくつやから、はよ、だしてなっ。』

結局今回歩いたのは、約2時間半。距離は3kmちょっとかな。
八幡宮の周辺では、ちょっと早い七五三風の親子連れや、地元の方が散歩している姿を見かけましたが、ハイキングコースではリュックを背負った母親と子供1組にすれ違ったぐらい。
人が少なかったおかげで、のびのび歩けて楽しかったです。

コース自体特に難所も無く、普段あんまり運動しない人でも、それほど無理せずに登れると思います。
昼過ぎにスタートしても、明るいうちに下山出来ちゃうしね。
逆に本格的登山派の方には、日々のトレーニングとして歩くのにいい道かも。
ただちょっと、階段が多かったのが残念。
坂道の方が私は好きだし、わんこの腰にも負担が少なそうですよね。

絶景とか大木とか、観光名所としての要素には欠けてるけど、それでも素朴な田舎の山の魅力はたっぷりで、木々の間から降り注ぐ光が気持ち良い、素敵な休日になりました。

そうそう、エジソン記念碑のあった広場では、お散歩中のダルメシアンちゃんとも出会って、仲良く走り回って遊べたので、楽しかったよね。

秋のハイキング。次はいつ、どこに行こうかなっ?

帰ってから久々のシャンプーで『きゅんきゅん』泣いてたKaiserですが、とてもふわふわで抱き心地抜群になりました!ふふふっ。いい香りもするしねっ

にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ
【2006/10/11 20:44】 おでかけ(日帰り) | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
<<はじめてのペット用カート | BLOG TOP | 男山 《その1》>>
この記事に対するコメント
『男山』
女山もあるのかなぁ?いいなぁ~京都にハイキングなんて贅沢ですなっ!
それにしても、お見事な竹林ですねぇ~前回の嵐山も良かったけど、
京都はもう17,8年行ってない・・・観光で地方の人が男山行かないし
カイザー君のお陰で穴場的スポットが色々見れて嬉しいよぉ~♪
神社仏閣巡りも中々良いと思えてきたし・・!そういう年代かっ?

『トーマス・エジソン』
>彼はこの男山の竹を、白熱電球のフィラメント(電球の中のバネ状の発光体)として使ったとされていて、その為記念碑が建てられて・・・・・
↑これって知らない人多いと思うなぁ~トレビアの泉に投稿したらぁ?!
へぇーが80へぇー以上いけると思うっ!銀のメロンパンケースなら、
堅く貰えそうだよっ!(笑)
でも、えーっこれって常識なのかな皆知ってるるの????エジソン

最終章はきたよっ・・・『軟体犬カイザー』爆笑ですわー!!
思ったよりサイズ的にも見た目的にも普通だよねっ・・・不思議じゃー
やっぱーカイザー君は、サイズ小っさいんだよね~っ?!
だって、あり得ないしょ・・入る事自体がさっ!あってみてぇーなっ!

木登りの野良猫ちゃんは一匹で、お色は黒かな?・・・・
【2006/10/12 20:01】 URL | Sally #- [ 編集 ]
京都や奈良は子供時代の遠足も含めて結構な回数行ってますねぇ~。
電車の便も良くて、日帰り出来ちゃいますからね。
今回の『男山』名前こそ知っていましたが、『山』と呼ぶには本当に小さくて、それ故今まで一度も言ったことがありませんでした。
存在は知ってたんですけどねぇ。
私達もKaiserにいろんなところに連れて行ってもらっているようで、近場で楽しい思いをしております。

エジソン記念碑。
ほんの数メートルの距離に、2つあったんですよぉ。
これって、最初のが失敗だったから、新しいのを作ったって事かしら???(八幡市の皆さん、すいませんっ!)
と疑問。
ちなみに、駅前には『エジソン通り』なるものもっ!
恐るべし、こじつけ魂。(それ以上言うな・・・・・・)

おぉ~、トレビアねぇ~っ!
出さなきゃいけませんなっ!

軟体犬、結構普通でしょう?
中から出てくる様子を見ていた女性に『ちっちゃいのんが出てくるかと思ったら、大きかったわぁ~!』と驚かれてしまいました!
まるで手品です。
今回はちょっとだけ、中でジタバタして、クレートごと地震状態になる場面もありましたが、それでも吠えたりすることはなく移動は楽ですねぇ~。
しかし、これを片手で持たねばならないのは辛い。←もっぱら相方の役目ですが・・・・・・

猫ちゃん、正解ですっ!
たぶん3メートルあるかないかぐらいの高さにいました。
結構細い木なのに、よじ登ったんですねぇ~。
いくら高い場所が好きなKaiserでも、流石にこれはまね出来ませんっ。
【2006/10/12 20:41】 URL | Vitamin Y #ur6nohjs [ 編集 ]
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://vitaminy.blog44.fc2.com/tb.php/262-6516cdf7


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。