Today's Kaiser
ビーグル犬の男の子、Kaiser(カイザー)の成長ブログ。ハイキングで爆走!お家でまったり!いろんな写真たっぷりでお伝えします!チェリーアイ&去勢手術やマイクロチップの体験記なども載せています。
01 | 2017/03 | 02
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
PROFILE
Vitamin Y
  • Vitamin Y
  • 初めてのわんこ暮らし。持ち前の楽天思考で、日々のほほぉ~んと育児に励んでおります。
    カナダでの新生活はToday's Kaiser in Canada
  • で、綴ります!ヨロシクね!


    ランキング参加中♪ 
    クリックしてね♪
      

      にほんブログ村 犬ブログ ビーグルへ

      

    2006年5月20日付けcool dog site of the day受賞!
    そしてなんと、5月の月間ベストサイトに選んでいただきましたっ!応援ありがとうございますっ!
      mail.png

    特派員レポ書いてますっ!
      Dokka!関西おでかけ探検隊

    ★ Kaiser ★
    このブログの主人公。
    2005年11月16日生まれのビーグル犬の男の子。

    ★ reisender ★
    良き相方で、わんこ暦3頭目の先輩。

    ★ George ★
    我が家の謎の住人(人か?)。
    登場の機を狙ってる。

    ★ お役立ちサイト ★
      

      

      


  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
ミニシュナくん保護の経緯
朝からブログを訪れてくださった皆様、今日の第一番目の記事でご心配をおかけしました。
なるべく早く迷子の情報が広まれば早期解決に繋がるのではないかと、思いついた手段が携帯からのブログアップでした。
午後4時半頃に警察署から、そのすぐ後に飼い主さんからお電話を頂き、一件落着です。
2件のお電話を頂いた時は、なんだか私の方が感極まって、警察署の方にも何度も、『良かったです。心配してたんです。』と繰り返してしまいました。
飼い主さんには、聞かれる前に、保護時の様子などベラベラとしゃべってしまいました。
警察署ではたぶん、保護時と別の警察官が対応されたのだと思います。
書類に書かれた保護場所だけを聞いた様で、状況を聞いて驚かれておりました。
ネットで記事を読み、心配してくださった皆さんも、きっと捕獲時の状況など気になっていらっしゃったかと思いますので、今朝の出来事を書いておきますね。

私は毎朝、自転車で約40分かけて、大阪府下のいくつかの市を横切って会社に通っています。
その道中で今朝、迷子の犬を見つけました。
ぴょんぴょんっと元気に走っていた、黒いミニチュアシュナウザー。
あまりにも楽しそうに跳ねているので、飼い主さんがそばにいるのだろうと思ったのですが、そんな様子もありません。
そしてその子は、朝のラッシュ時、4車線ある国道を赤信号の際にぴょんっぴょんっとそのまま走って横断しようとしてたのです。
『危ないっ!危ないっ!』思わず大きな声で叫んでしまいました。
幸い途中で危険を感じたのかスローダウンし、車側も気づいてくれ、ぶつかることなく道を渡り切ったその子は、程なくして角を曲がり、私からは見えなくなってしまいました。
信号が青に変わり、急いで渡って、その子が進んだ方向へ目をやると、ちょこちょこ走っているのが確認出来ました。
放っておくことが出来なかったので、自転車で追いかけ、何とか近くまで。
マーキングをしていたので、男の子であるということが分かりました。

私がついて来ているのに気づいた様で、時よりこちらに視線を送ってくれましたが、1メートルぐらい距離があり、自ら近づいて来ようとはしません。
『おいで。』と何回も呼びかけつつ、交通量の激しいところには行かない様、捕獲作戦。
自転車を停めてしゃがみこみ、目の高さを合わせて手を差し伸べ、まずはシュナくんに私のにおいを嗅がせてあげながら挨拶。
くんくんとはするものの、なかなか体を触らせてくれません。
ちょっと嗅いでは、ぴょんぴょんと遠のき、少しずつ追いかけの繰り返し。
散歩のコースなのか、軽快な足取りで、道を知っているかのよう。
住宅街の玄関先で庭仕事をしていらっしゃる方もいたので、『迷子なんですが、見たことありませんか?』と尋ねてみましたが、ご存知の方はおらず。
距離が縮まらないまま、別の方向に歩き続けるシュナくん。
ゆっくり追いかける私。
と、とあるお宅の前で、小学生の男の子とキャバリアちゃんが遊んでいました。
その子に興味を示したシュナくん。
どちらもいい子の様で、ふたりで飛び跳ねながら遊び始めたのです。
これはチャンス!と遊んでリラックスしている時に、ちょっとずつ触れてみました。
犬同士噛み合ったりせず、いい雰囲気で、どこかに逃げてしまう恐れは少なくなったので、とりあえず会社に遅刻する旨一報を入れました。

5分位は遊んでいたでしょうか?
男の子とキャバリアちゃんは家の中に入って行きました。
もしかしたらこの子のお家の方に協力していただけるかなと思い、お家の人はいるかどうか聞いてみたのですが、お母さんが出勤の支度をしていて忙しいとのことだったので、諦めました。
少し遊んで体力を消耗したのか、動きがスローになって来たシュナくん。
遊んでいる時に、私も一緒になって遊ぶかのようにして、何気に触っていたのが良かったのか、首筋や耳の後ろを触らせてくれるようになりました。
逃げるそぶりもありません。
これはいけるかもっと思い、徐々にその手を背中やお腹にまわし、よしよし、よしよしと撫でてあげました。
最初は怯えて腰が引けていたのに、ずいぶんリラックスしてきた様子。
お尻の辺りに手をやっても、嫌がる感じはなかったので、思い切ってひょいっと持ち上げると、ジタバタ暴れるわけでもなく、私の肩に手をかけて、いい子に抱かれているではありませんかっ!
この時の感動と言ったらもうっ!

とりあえず、四条畷警察署の場所を知っていたので、そこに連れて行こうと、片手で自転車を押し、片手でシュナくんを抱っこして歩いていると、向かい側からパトカーが。
これ幸いと、タクシーかのように、片手を上げて、止まってもらいましたとも!(後で冷静になって考えるとちょっと笑える光景)
いや正直、リードなしのシュナくんを抱えたままで自転車を押すのって、不安要素が沢山あって大変だったので、ラッキーでした。
事情を話し、行こうと思っていた警察署の手前にある、最寄の交番で届出を作成することになりました。
抱っこしたまま自転車には乗れないので、犬をパトカーに乗せてもらうようお願いしたのですが、シュナくん、警察官の方には懐かず、逃げようとする始末。
そりゃそうですよねぇ~。私も慣れてもらうのに時間がかかりましたから。
結局私はシュナくんを抱っこして、パトカーの後部座席へ。
パトカーには警察官の方が2人いらっしゃったのですが、1人の方が私の自転車に乗って、交番まで向かったのです。
(この光景もよく考えたら笑える)

交番で書類を作成している間、シュナくんは私の膝の上で、とてもいい子にしていました。
私の片腕を枕にして、眠そうな様子すら見せていました。
年齢はいくつぐらいだろう?若そうだなっと撫でながら、唇をめくって歯を覗いてみました。
噛み付く素振りもなく、いい子にされるがまま。
とっても慣れてくれたシュナくんです。
体の特徴を記載し、おおおまかな体長、体高を計り、私の情報なども登録して終了。
警察官の方は本署に確認を取ってくれたのですが、その時点で迷い犬の届出は出ていないようでした。
朝の散歩の時に逃げてしまい、もしかしたらまだご近所を探している最中かもしれないなとも思いました。
もしも飼い主さんが見つからなかったら・・・一瞬よぎりました。
でも、毛に泥汚れなどほとんどなかったことから、放浪して数日経っている様には見えず、体臭もほとんどなく綺麗で、迷子になってまだそれほど時間が経ってない様に見えました。
最初は人見知りをしていたものの、実際は懐っこくて、可愛がられていた様子が伺えたので、必ず探してくれているはずと信じていました。
そして探しているのなら、まず警察に連絡するだろうと考え、通勤途中だったこともあり、引き取って頂くことにしました。
飼い主さんが現れた場合、また、警察で預かりの期限が来た場合、連絡頂きたい旨お伝えしました。

その後シュナくんは、本署である四条畷警察署へ。
パトカーに乗せる時、警察官の方が抱き上げようとしたのですが、やはり抵抗。
一度、戸を閉め切った交番内で立たせてみて、警察官の方に慣れるよう、触れ合ってもらいました。
『頭の上の方から触ると怖がるので、下から触って下さい。(首や耳の後ろを触りながら)この辺りを触るといいですよ。』と私ごときではありますが、少しアドバイス。
最初は警察官の方の手が近づくと、それほど攻撃的ではありませんが、やはり自己防衛の為、口を開けて噛み付こうとするしぐさ。
とは言っても、唸ったりはしていませんでしたがね。
何とか少しは同じ空間が過ごせそうになったので、後部座席に乗り込み、お別れとなったのです。
私が一緒にいたのは、たぶん1時間にも満たなかったと思います。
でもなんだかちょっぴりせつない気分になりました。
ちゃんと戻るべきところに戻れますようにと、願いながらパトカーを見送りました。
会社帰りに警察署に寄ってみようと思ってました。
まだそこにいたのなら、写真を撮って、里親や迷い犬の掲示板にアップしたり、発見場所の周辺に、ビラを配ろうかと。

会社に着いてからも、なんだか気になって気になって、仕事に集中出来ませんでした。
考えていたのは、もしもの時のこと。
我が家は賃貸の集合住宅で、契約書上新しい犬を迎え入れることは厳しく、また、共働きなので、2頭となると対応が出来るかどうか。
警察署に渡してしまって、果たして良かったのだろうか。
等々、考え出すと止まりません。
会社に電話連絡した際、遅れる理由を話していた為、同僚や先輩方も気にしてくださり、万が一の場合里親にふさわしい人はいるかなぁ~という話題も出ました。
いつもはカバンに入れっぱなしの携帯ですが、今日だけは制服のポケットにずっと忍ばせていました。
そして午後4時半ごろ、携帯の振動を感じたのです。
まだ、それが誰かも定かじゃないのに、自分の席で少し微笑んでしまったと思います。
いい知らせに違いない。
表示されていたのは、四条畷市の局番。
震える手で応答すると、警察署からでした。
『今朝保護してくださった犬が、無事飼い主さんのところに帰りました。ありがとうございました。』
その言葉をどれだけ待っていたことか。
しばらくして飼い主さんからもご連絡があり、ほっと一安心。
聞くところによると、私が見つけた辺りに、飼い主さんの事務所があるのだとか。
なのでにおいを探していたんでしょうね。
なんと健気なことでしょう。

小さなシュナくんの大きな冒険。
めでたし、めでたしの結論を迎えることが出来、本当に良かったと思っています。
そして思いました。
こうやって迷子のシュナくんのお手伝いが出来たのも、全てKaiserのおかげだなと。
Kaiserがいなかったら、私は犬の触り方もわかりませんでした。
ただ猛スピードで追いかけて、怪我をさせていたかも知れませんでした。
もしくは、車道を横断するシュナくんに、同情を寄せながらも、わき道の角を曲がってまで、後をついて行っていなかったかも知れません。
Kaiserがいるからこそ、あのシュナくんが目に留まり、他人事に思えなかったのだと思います。

帰って来て、お留守番をしてくれていたKaiser。
たっぷり抱きしめてあげようと思ったら、どうやら私の服についたシュナくんのにおいに反応。
しつこく鼻を鳴らしながら、麻薬探知犬の様に、私のジーンズやTシャツを嗅ぎまわります。
そして、抱っこしてあげようとすると逃げる始末。

IMG_4748r.jpg

こんなに遠くから、鼻を上に向けてにおいを嗅いでいます。
シュナくんを抱っこした時についたんでしょうね。
シュナくんが悪いわけではないのです。
でもここはKaiserのお家。
他の子のにおいを漂わせておくことは、ルール違反ですね。

IMG_4756r.jpg

何だかかわいそうだったので、すぐにTシャツを脱ぎました。
脱いだTシャツをまだもやくんくん。
そう、まさにKaiserが嗅いでいるサイドに、シュナくんを抱えていたのです。
膝の上にも乗せたから、ジーンズもくんくん。
どうやらそれも履き替えないと、不安な様。
全て替えたら、安心して近づいてきて、抱っこさせてくれたKaiserです。

Kaiser、ありがとう。
あなたのおかげで、今日はとってもいい気分。

にしても、まだ感動と興奮が覚めていない私、勢いづいて書いていたら、かなりの長文になっちゃってますね。
前にも何度か書きましたが、私、話を端的に伝えるのが苦手で、全て話してしまうタイプなのです。
読んで下さった皆様、有難うございました。

一安心で良い週末が迎えられそう!
blogranking-banner022.jpg  
シュナくん、お家に帰れて良かったねっ!Kaiser、いっぱい抱っこしてあげるからねっ!
スポンサーサイト
【2009/07/24 20:19】 わんこのニュース | TRACKBACK(1) | COMMENT(6)
このページの先頭へ
シュナくん飼い主さん見つかりました!
たった今警察と飼い主さんからたて続けに電話がありました!先程無事お家に戻れたそうです!良かったあ!ありがとうございました!
【2009/07/24 16:57】 わんこのニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
四条畷市・迷子・ミニチュアシュナウザー
自転車通勤中に迷い犬を見付け、大阪府四条畷警察署(072-875-1234)に保護して頂いています。情報は下記の通り。お心辺りのある方は、直接警察署にご連絡お願いします。

四条畷市国道170号線/163号線西中野交差点付近で発見
7月24日午前7時50分頃
ミニチュアシュナウザー 黒
男の子 虚勢はしていない
水色の首輪 迷子札なし
体長約50cm 体高40cm
やせ形だが元気 
最初は警戒していたが抱っこさせてくれ、人懐っこい様子

会社のパソコンでブログ更新出来ない為、携帯からの書き込みです。読みにくいかもしれませんが、ブログや掲示板への転記OKです。
早く飼い主さんと再会出来る様ご協力お願いします。。
【2009/07/24 10:39】 わんこのニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
プチ脱走のビーちゃん捕獲
今日の会社帰り、いつもの様に自転車に乗っていたら、とあるお家の門の外にビーちゃん発見。
姿を確認した時、『あれっ?この子?』と思った私。
同じ通りのちょっと離れたお家に、外飼いのビーちゃんがいるのを毎日見てて、その子っぽかったので、きっとお家の人と近所にやって来てるんだろうと思ったのですが、イヤ待てよっと2度見。
リードついてへんやんっ!
慌てて脇に自転車を止め、捕獲しようとするも、私と目が合ったそのビーちゃん、『ヤバッ!』と言う顔をして、シッポを丸め逃げ出すではありませんか!
幸い車は来ておらず、自分のお家の方に走って行き、私も後を追って行ったら、するりと門扉の下から自分のお家の敷地内に逃げ込み、とりあえず良し。
ちょどそのお家に向かって歩いて来たお子さん連れの女性がいたので、『ここの方ですか?』とたずねたら、違うようでしたが、そのビーちゃんのことはご存知の様。
そのビーちゃん、またもや門扉から出てきたのですが、その女性と遊びたかったらしく、じゃれまくってました。
知ってる方がいたのでリラックスしたのか、さっきまで警戒していた私の元にも来てくれて、撫でさせてくれたのが嬉しかったぁ。
とりあえずどこに行く気配もないことを確認して、インターホンをならして、お家の方にお知らせすることが出来たのでした。
『いや~、うちにもビーグルがいるんでねぇ~。』とか言いながら、一通り状況をお話いたしました。
いつもは敷地内につながれてて、犬小屋とそのすぐ横の塀を利用して、スヌーピーのごとく屋根の上に乗っかったりしてる可愛い子。
たぶん1歳か2歳ぐらいかなぁ~?
脱走距離は、たぶん20~30m程。
それでもその道は、カーブが多くて狭い車の抜け道で、夕方の帰宅ラッシュの時は結構交通量が多くなったりするところなので、怪我もなくお家に戻れて良かったなと思ったのでした。

Kaiserが我家に来てから、わんこに敏感になった私は、大体通勤路のどのお家にどんなわんこがいるのかってのを覚えちゃってますねぇ~。
外飼いの子たちがほとんどだけど、室内犬でも、散歩に出る為に家を出る姿とか、窓越しに吠えている姿とか見える子だと、覚えてるしねぇ~。
そうそう、声だけ知ってる子もいるなぁ~。
私が通ると吠える・・・様に思えるのは気のせい?それともKaiserのにおいがしみ込んでいるから、わんこと思って吠えてるのかなっ?って子も数名。
家は知らないけれど、毎日同じ時間に散歩しているなぁ~とすれ違う子もいるし。
だからどうってわけではないけれど、なんだかそうやって毎日見ている子たちには、親しみが湧くものですね。
ちょっと前、ガレージで暮してたバーニーズマウンテンドッグの子が姿を消した時には、とても寂しく思ったものです。

と言うわけで、本日の出来事を記事にしてみました。
あっ、またフルーツフラワーパークの話、後回しねっ。(笑)

IMG_0388r.jpg

そうそう、今日・・・って日付は変わってるので昨日ですが・・・5月12日は相方の誕生日でもあるのです。
と言っても特別なことはしていないのですが・・・・・・

IMG_0389r.jpg

Kaiちゃんの誕生日にはケーキを作る私ですが・・・ケーキと言ってもお肉だけど・・・相方の誕生日には作りません。
だって、ケーキキライだって言うんですもの。
甘いものは好きなんですよ。なので今週末に何か作ってあげようかなっとは一様思ってたりします。(笑)

IMG_0391r.jpg

写真はとある休日、Kaiserに襲いかかってチューしまくって、抱きしめまくっている相方。
あぁ~んど、最後には疲れてあくびをしているKaiser。
まぁKaiちゃんも、たっぷり相方にチューを返しておりましたけどね。
この光景、休日に限ったことではなく、フツーに毎日なされているものなのでありました。
一緒に過ごせるだけで、幸せですねっ。

プチ脱走ビーちゃん、見つけれて嬉しかったぁ~!
blogranking-banner022.jpg  
Kaiちゃん逃げ出しませんように!何もしてあげれてないからって、相方も逃げ出しませんようにっ!(爆)
【2009/05/13 00:02】 わんこのニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
迷子ビーグル 《2007年11月30日/成田空港付近》
もうご存知の方もいらっしゃると思いますが、他人事とは思えないので、私のブログにも掲載させていただきますね。

成田空港付近のペットホテル、誤って開けっ放しにされた扉をすり抜けていなくなってしまったビーグルの女の子、サリーちゃん。

今のところ分かっている目撃情報は・・・・・・

・11月30日の午前10時から12時の間に成田市川栗で行方不明。

・12月1日午前8時半ごろ富里市根木名下の交差点付近で目撃情報。

・12月1日正午ごろ成田市三里塚小学校付近で目撃情報。

特徴は・・・・・・

①名前 サリー 女の子 6歳 避妊手術済み

②色は白&黒&茶

③まぶたが少々白髪です

④ビーグルですが尻尾がくるんと背中にのっています。

⑤スワレ、フセ、マテ、お手ができます。

⑥シルバーのチェーンの首輪をしています。

と言うことです。
以上はサリーちゃんのブログ、『♪りぃりとサリー仲良し日記♪』より転記させて頂きました。
ブログの方には写真も掲載されていますので、どうぞ一度訪ねてみてください。

わんこ暮らしをする者にとって、わんこは大切な家族の一員。
サリーちゃんが早く大好きなみんなの元へ帰れるよう、祈るばかりです。
どんな小さな情報でも、ご家族の方に取っては貴重な手がかりになると思います。
何か心当たりのある方は、ぜひ一度コンタクトを取ってくださいね。

【2007/12/11 23:58】 わんこのニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ペットフードの安全確保に関する研究会の設置
本日、2007年8月3日付けの農林水産省・環境省の発表によると、『メラミンを含む中国産原料を使用したペットフードによる米国での犬や猫の死亡事件が発生したこと、また、米国でリコール対象とされた当該ペットフードが我が国で輸入販売されていたことなどを踏まえて、我が国におけるペットフードの安全確保について幅広く検討する。』(農林水産省HPプレスリリースより引用)と言う趣旨で、日本もペットフードの法規制を本格的に考えるようです。
具体的な検討事項は・・・
(1)ペットフードの安全確保の現状(諸外国の事例を含む。)
(2)安全確保に向けた事業者の取組を進める施策のあり方
(3)安全確保のための制度的対応の必要性 等
だとのこと。
10名の有識者によって、今月から11月までに5回の会合を持ち、中間とりまとめを持つと言うスケジュール構成になっているそうです。

遅ればせながらではありますが、まずは良い方向に一歩を踏み出したと言う感じで、嬉しい報告ですね。
ペットに関して先進国である欧米の法規制なども十分に吸収して、良い法案が出来上がることを期待しています。

中国製品、悪いものばかりではないと思いますが、人気キャラクターのおもちゃから鉛が検出されていて問題にもなっていますね。
わんこのおもちゃも気になるところ。
手の代わりに口で遊ぶわんこですから、おもちゃのかけらが体に入る割合も、人間の子供よりも高いわけで、こちらについてもフード同様に念入りにチェックして欲しいものです。

どっちにしろ、選んで与えるのは私達の役割。
ペットブームの波に乗り、増えに増えまくっている選択肢の中で、より安全なものを見極める力を培って行かなくてはと思います。

3DSCF9911r.jpg

写真は、UPしそびれていた7月21日の散歩の様子。
いつまでもこうやって、元気に楽しく遊べますようにっ!

 ガンバレ日本!わんこも人間も住みよい社会にっ! 
【2007/08/03 23:04】 わんこのニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(5)
このページの先頭へ
ANA 夏季の短頭犬種預かり中止
merumamaさんにコメントを頂き知りました。
やっぱりANAもかって言うのが正直な感想です。
後出しじゃんけんの様な気がしないでもありませんが、JALとの違いは、国内線・国際線共に期間限定の同年8月1日から9月30日の間のみ対象であるということと、犬の種類が増えていること。

具体的な犬の種類は・・・・・・

ブルドッグ(ブルドッグ、フレンチ・ブルドッグ)
ボクサー
シーズー
テリア(ボストン・テリア、ブル・テリア)
スパニエル(キングチャールズ・スパニエル、チベタン・スパニエル)
ブリュッセル・グリフォン
チャウチャウ
パグ
チン
ペキニーズ

ふと思ったのですが、赤道を越えた南半球は季節が逆なわけで、もしも『夏季』にこだわるのだとすれば、国際線で12月にオーストラリア行きなんて場合は、ある一定のラインを超えたら、日本の8月とかと変わらないのではないでしょうか???

JAL・ANA共、現状を把握し、警告を出してくれた点でまぁいいだろうと思います。
ただ、単に中止にしただけでは何一つ解決にはなってないなと。

客室に犬は乗れません。
犬アレルギーの人がいる可能性もあるから。
ふむふむなるほど。

盲導犬や聴導犬は客室に乗れます。
ふむふむなるほど。
でも、ちょっと待って、アレルギーの人の話はどこに行ったの???
介助犬とて犬は犬。
介助犬と犬アレルギーの人が、あらかじめ一緒の便に乗ることのないように、本当に十分な配慮がなされているのでしょうか?

結局、犬アレルギーうんぬんかんぬん、こじつけにしか聞こえません。
本当に犬のことを考えているならば、本当にアレルギーの人のことを考えているのならば、こんな中途半端な言い訳恥ずかしくて出来ないと思います。
なんだか本当に納得がいかないんですよね。

かく言う私も、文句しか言えず、結局受身の立場にいます。
このまま密かに願っているばかりでは、何事も改善されるわけがありませんよね。

希望としては、客室の一角にクレートを置けるスペースを作って頂く事かなと。
同じ犬なのに体重制限で、客室OKの子と貨物室行きの子が区別されてしまうのはなんだか嫌ですものね。
そして私達としては、クレートでおとなしく出来る子に育てることが必要だと思います。
客室に乗せろと要望するならば、最低限の躾をしておくことが私達の責務かと。
気圧の差でもしかしたらびっくりして、いつもと違った行動に出てしまうかもしれないので、こればかりは何とも言えませんが・・・・・・
また、『命は保障しない』っていう責任逃れの紙を押し付けるのではなく、その日の健康状態や躾の様子を聞きだす問診表があってもいいかとも思います。

4DSCF0014r.jpg

『おれ、ひこうき、がんばったで。』

こうであったらいいのに。
ああであったらいいのに。
うだうだ文句ばかりしか出てこないので、この辺で止めておきましょう。
もっともっと具体的な考えや、要望がまとまったら航空会社に意見をするのもありかなと。
一人一人の小さな声が大きくなって、会社を動かすことにもなるでしょうからね。

暑い夏、本番っ!ポチポチッと体力つけて乗り切りましょう!


【2007/07/24 20:47】 わんこのニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(4)
このページの先頭へ
JAL CARGO フレンチブルドッグ及びブルドッグ 受託中止
昨夜変な時間からカウチで転寝を初め、気づいたら朝6時近くで、目がギンギンにさえてしまったのでネットサーフィン。
ちょっと気になるニュースを発見したので覚書。

2007年7月2日のJAL CARGO NEWSによると、同年7月20日から通年『いままでお預かりした状況から航空機における輸送環境の影響をより受けやすいと判断し、動物(ペット)を安全に輸送する観点から』(同ニュース抜粋)、フレンチブルドッグ及びブルドッグの受諾を国内線・国際線共に中止することにしたらしい。
同社では、『温度・湿度の調査など輸送時の環境調査を行い、また獣医師などの専門家のアドバイスをいただき、動物(ペット)を安全に輸送するため取り組んで』(抜粋)いるとも書かれてましたが、やはり鼻の短めの子達が快適に呼吸できるほどの調整は出来かねるとの結論なんですね。
って事はやっぱり、100%快適な空間ではないんですよね。

そう言えばKaiserと良く遊んでくれるパグの女の子。
この子もかなり走るのが好きで、ふたりでよく追いかけっこをしているのですが、必ず彼女の方が先にゼーゼー言ってバテてしまってます。
で、ブルドッグはダメで、パグはいいのはどういう基準なんでしょう???
シーズやボストンテリアも確か鼻が短かったし、他にもいますよね、きっと?
それはつまり、他の子たちの事故前例がないから?
とても獣医師や専門家のアドバイスを仰いだ結論には思えないのですが・・・・・・

ちなみにANAの場合は、国際線に限り短鼻犬の預かりを中止しているのだとか。
国内線は今のところ規制はないようだけど、これもまた『事故』の経験がないからなのかなぁと考えてしまうのです。

私たちもKaiserを連れて沖縄に行った時、飛行機を利用しました。
ペット運賃を支払ったのですが(伊丹-那覇 ANA4000円/JAL5000円)、『命の補償はしない』と言う内容の書類にサインを要求され、貨物室に預けられるのなら、一体あれは何の為の費用なんでしょうね?
明らかにクレートより大きなスーツケースは、無料で預かってくれるのにね。
いや、お金が惜しいとかそういう意味ではなく、なんだか腑に落ちなくありませんか???

客室に手荷物扱いで乗せれる航空会社、以前はもっとあったようですが、年々このサービスを廃止する会社も増えているようですね。

わんこは自分で選んで飛行機に乗るわけではありません。
現状を把握し、最終判断をするのは結局私達なんですよね。
航空会社に改善して頂きたい点は多々あります。
でもやっぱり、目の前のこの子を守ってあげれるのは、自分自身だから、場に応じた対応が出来るよう日ごろからいろんなアンテナを張り巡らせておかねばいけませんね。

3DSCF9874r.jpg


こちらにもお立ち寄りくださいまし♪


【2007/07/21 09:51】 わんこのニュース | TRACKBACK(1) | COMMENT(6)
このページの先頭へ
迷子ビーグル 《2007年5月23日/尼崎市》
兵庫県尼崎市、阪急電車武庫之荘駅付近で迷子のビーちゃんが保護されたそうです。
人懐っこくて可愛い男の子。
いつからひとりでいたのかなぁ?
暑かっただろうな。
詳細はコチラで確認出来ます。
ひとりでも多くの方に知ってもらって、早く大好きな飼い主さんの元へ帰れます様に!
【2007/05/26 10:27】 わんこのニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(3)
このページの先頭へ
三重県・53頭のかけがえのない命
三重県の犬繁殖者が、事故で入院の為、100頭のわんこが飼い主を失った。
健康状態のいい子は同業者が引き取り、残された53頭。
十分な食事も与えられず、手入れもしてもらえず、衛生状態の悪い飼育場で育った為、体は痩せ細り、毛が抜けていたり、体の一部が腐敗していたり。

そんなわんこたちのレスキューの様子が、動物愛護団体、Wan Lifeさんの活動日誌で紹介されています。
メインページでも、悪徳繁殖者の飼育場の様子をレポートされております。

ペットがブームと言われる社会で、金儲けの手段として利用されている、罪のない命。
言葉にならない憤りと、やるせなさと。
動物と共に生きることの責任を、改めて考えさせられる出来事です。

今回保護された53頭の子達の、明るい将来を心から祈っております。
【2006/08/27 13:37】 わんこのニュース | TRACKBACK(0) | COMMENT(2)
このページの先頭へ
| BLOG TOP | 次のページ>>
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。